FC2ブログ
猫とワタシ

Rock hard, ride free!音楽と自転車と本たちと・・・

Everyday is a good day to be alive with Pata's Roll!

from 2014.10.16 count started

この記事のみを表示する逃亡者の帰還

雑感

逃げ出して一週間目で「まろ(ふく)」が戻ってきた。家の周り
をうろうろし、捕獲器にしかけていたエサを上手に掠めて逃げ回
ってたのだが、自由と引き換えの「暑い」「ひもじい」「のど渇
いた」に耐え切れなくなったんだと思う。
しかし、たった一週間外にいただけで、体中が汚れただけでなく、
顔つきがヤサグレてしまった。なんか身体全体で「不本意」を醸
しだしてる...なぁ、おい反省は(笑)?
不本意やけど帰ってきたったで

野暮用で、京阪藤森の近くに出向いた。
ホームから大阪方面、そっちからやってくる特急、「ゴロッ」に
振り仰げば夕立未満の雲。こうして見ると線路ってうねって
るね。だから特に京阪は揺れるんだね。
大阪方面(南) 特急がやってくる(出町行) 降ってくれよぉ

今日の一曲『Ayasa最新ゲリラライブ』...このくらいナルシストでないとね。
今日の一冊『弟切草 小烏神社奇譚/篠綾子』...やはり文章がうまいのがいいよね。

冒頭の煤けて戻ってきた逃亡猫が一日で元の男前に。
みんなが舐めてくれたから。やはりデカイ固体というのは
動物界では慕われるのかもしれませぬ。ご満悦?
オレサマはー ふくっていうんだぜぇ もんくあっかい?
スポンサーサイト



この記事のみを表示する油断しちゃいけない

雑感

二週間前、勤め先でもコロナ感染者が出ました。
若い方だし、連絡が入ったときは元気そうだったのに、高熱
が下がらず、あっというまに重症化しました。今週に入り、
少しずつ快方に向かっているという連絡があって一安心。
感染してもほとんど何もない方もいれば、突如重症化したり
とホントに読めない病気です。ストレス溜まる一方ですけど
つきあい方を学ぶしかないですね。

巨猫の「ふく」が逃げ出してから、スペースに少しゆとりが
できたウチのリヴィング。でもあの嵩張るヤツがいなきゃ
寂しい。下は最近ワルイ顔を覚えてしまったピー(笑)。
広くはなったけどさ

ピーの悪い顔

今日の一曲『君は薔薇より美しい/布施明』...超難曲。歌えねぇ。
今日の一冊『TURN 東京駅おもてうら交番・堀北恵平

<真夏かよー!>
入道雲もどきといい、ピンクの花とのコントラストが強烈な日差しと
いい、ちょっと危険すぎますね。それでも近所のオリーブはいつもの
ように実をつける。動植物の体内時計って気温は関係ないのかしらん。
おらおら降るぜぇ 南国かよ オリーブよん

この記事のみを表示する地蔵盆(やるんだ...)

雑感

京都では、この行事を夏休み中に自治会ごとにやるのですが、
まさか今年やるところがあるなんて思いませんでした。たいてい
はお地蔵さんの掃除して、お供えをあらためて、お経をあげて
終わりなんですけどね。しかもこの暑い日に...仏様もあきれて
おられるでしょう。こちら疎水のお地蔵さんは、流石に世話役
の人たちだけで拝んで終わりとされてましたけどね。
疎水のお地蔵さん キレイにならはりました

昨日の雨で夜は涼しくなってたのに、今日は逆戻り。
蚊に咬まれようとしーちゃんは、石の冷たさを求めるの
でした。最寄の京阪墨染駅も人影まばら...暑さ、コロナ、
熱中症...いつおさまるんでしょう。流石に疲れてきましたな。
もう石が好きやっちゅうねん 人影疎らな駅

今日の一曲『山本リンダ メドレー』...いや色物じゃないよ。歌すごくウマイ。
今日の一冊『来週を待て!再び。』

また脱走しよった...。ウチから婿入りして事情で預かってたまろ
(ふく)が逃げた。窓の金網を押しのけ、網戸を破って...。あの
巨体でどうやって抜けたんや...てなもんです(涙)。ウチからあ
げたとはいえ今は預かりものですから。ヤツ自身二度目の脱走。
以前は翌日の朝に「腹すかせて」帰ってきましたけどね...。
んー、ねこは難しいなぁ。
また旅に出ます。探してもいいよ。

この記事のみを表示する黄色い麦藁帽子の...

雑感

松崎しげるの曲...アーモンドチョコのCMソング...知らないよね。

昨年あたりから凶暴な夏の太陽のおかげで、首、肩、腕が
真っ赤に焼けるようになりました。そこで登場...麦藁帽子。
小中学生のころは坊主頭だったので、チクチクしてキライ
でした。スポーティでないってのもあったかもしれません。
でも、夏の太陽に対してはどんな帽子より無敵(笑)。
つばの広さは10cm以上ないといけませぬな。
My ストローハット

葉物が高騰しております。高い!
そんな庶民の味方「豆苗」。やすい、うまい、経済的!
エンドウマメの若芽なわけですが、二度までは切ってもまた
生えてくる。最初はサラダで。二度目は炒め物で、三度目は...。
オレサマは豆苗

今日の一曲『黄色い麦わら帽子/松崎しげる
今日の一冊『来週を待て!』

<お約束の時間>
これケージの柵じゃないんです。ボロボロにされて修繕した襖に
金網を張ったモノ。その下から、おやすみ前のオヤツを待つニャー
たち。まぁカワイイのだが、かしましいのなんのって。
就寝前のオヤツの時間
ところで最近、ニグレクトに関する血が沸騰しそうな記事をよく
見かけます。やっと法律が少しだけ重くなったけど、正直なところ、
動物虐待に関しては、ハムラビ法典をぜひ適用していただきたい。
それは野生動物に対しても同じです。生まれて自分で歩き出す
(一人前になる)までに何ヶ月(何十年)もかかる人間より、
動物の方が何倍も立派だと思うんだな。

この記事のみを表示する太陽の殺気

雑感

大学時代の友人が「久しぶりに京都に来たんだけどさぁ、おめ、
清水寺に人がいないのよ。怖かったよ、なんかさ。」とメイルを
寄越してきました。そりゃ昼間40℃超えりゃ、人は出歩きませんて。
息するのもしんどいものね。風の通る鴨川護岸もこのとおり。
命が危険な暑さ...って大袈裟じゃないですね。
人影がない
三年に一度くらい、仕事から帰る途中で「老婆」を拾います。
昨夜も、道脇でうずくまったおばぁちゃんを拾って家まで
おぶっていきました。枯れ果てた老人でも、脱力してたら
人間は重いですよ...。ダメです、この暑いのに出歩いちゃ。

今日の一曲『Rainbow/Still I'm Sad Part 2』...Cozzy!
今日の一冊『もうすぐ「阿吽」が出る!』

<京都だけではない!>
薬師寺だって唐招提寺だって、人はいないのである。
大きな寺院は下が砂利だから、アスファルトよりはまし...
くらいです。お寺で死人が出たらシャレにならぬ。
薬師寺だって

唐招提寺だって

この記事のみを表示する慎ましく送り火

雑感

歳時というのは、自分が覚えていることもありますが、
多くは人の語らいや、行いや、風の便りで知るものだと
思います。今宵の小さな灯の大文字。先日あったLED事件
(ほんとやった輩は、謝れと思う)がなかったら、今年は
ないと思い込んだままだったかもしれません。
しかし、ご先祖を送るという意味では、このような
慎ましいものでもよいのかもしれないですね。

いつもの疎水発電所の「この木なんの木」。今日は西日
が射して、送り火の日に似つかわしい風情でした。
西日の射すこの木なんの木

今日の一曲『Deep Purple/Black Night 2010』...リッチーはいないけど
今日の一冊『文字...追えません。暑い。』

<巨猫ふたたび>
西ノ宮に婿入りしていた「まろ」が帰省してきた。一時預かりである。
それにしてもデカイ。太り気味だと思ってたナルが小さく見える。
うーむ...まちがいなく父親はワカメだな。困り顔は変わらぬが...。
巨猫ふたたぶ

<その父...ワカメ>
まろの父はワカメ
でかいのー。しかしいつみても見事なワカメ(おかっぱ)である。

この記事のみを表示する回向は心の中で

雑感

今年は愛媛の実家の掃除も、お墓参りもできません
(強行突破はもちろん可能だが)。ご先祖様...今年は
ご勘弁ください。家のお供えはちゃんと致しますけん。

娘も岩手からは帰省できぬようです。
で...こちら宮古市浄土ヶ浜の写真を送ってきよりました。
キレイですね。ようやくそう云ってもいいかな...と。
岩手県宮古市「浄土ヶ浜」

かもめ(海がキレイだ)

こちら相変わらずの京の夕暮れ。雨は降りませぬなー。
京の夏の夕暮れ

今日の一曲『Deep Purple/When A Blind Man Cries』...Thanks, DP, Rip
今日の一冊『暑い...活字はムリ(クーラーないし)』

京都という街は不思議な所で「え、何でこんなもんがこんなところに?」
ってのがよくあります。これ近所の普通の家の前にある「愛宕山常夜灯」
の石灯篭。かなり古いものですが、灯篭の新調の際にでも貰い受けたの
でしょうか。それにしたってここは伏見。愛宕は右京区嵯峨...なんでや。
京都の不思議 ご来迎
あと、西の山々にこうしてご来光っぽい夕陽が拝めます。結構な確率
なんですよ。西方極楽浄土。昔の人は手を合わせたでしょうね。

脚の悪いピーですが、果敢に兄弟にケンカを売ります。
でも、終わったらこんな風に一緒に寝る。人間と違って
モノの程度を知ってるんでしょうね。いいがかりもつけねーし。
なんだかんだで

この記事のみを表示する秋の気配はしないけど...

雑感

本日、京都市は凄まじい雷雨(だったそうです)。
何せ窓際で遊んでた保護ねこたちが、腰をぬかして
ほうほうの体で、巣穴に逃げ込んだそうですから。
ピカ、グワッシャーン...ってやつですね。
しかし、お盆過ぎまでこの暑さは続くらしく、一瞬の
お湿り。けれど疎水沿いの栗の木は、もうこうして実を
つけてます。季節は知らぬ間に移ろってくのですな。
今年もたわわなり

今日の一曲『King Kobra/Turn Up The Good (Times) 』...熱いぜ
今日の一冊『お咒い日和 その解説と実際/加門七海』...これも教養だね

<雷雨の翌日>
今日も、一瞬強い雨が降りましたが、雷は鳴らず。
故に保護ねこたちも安穏な一日。ただし暑い...だから
ロクは出した舌がしまえず(笑)。
無意識出たベロがしまえぬ
若い男子は、日に日に輝きを増すというか動物界では
オスの方がキレイどころだとよく言われます。ワンの場合
は女子もやさしげで見劣りしないと思うのですが。
パチっとお目覚め 遊んでくれるんか?
お目覚めのテト。

この記事のみを表示する灼熱の北野天満宮

雑感

ピーのセカンドオピニオンをいただきに、北野天満宮近くの
ねこ専門動物病院を訪ねました。人間の病院並みに診察室が
分かれ、先生も違います。診ていただいてる間、天満宮近辺
をぶらぶら...これが間違いだったぁ。今日...多分身体の30%
は溶けたと思いマス。それにしても天満宮...一の鳥居から本
殿まで長く、潜る門が多い。すなわち往復で八度は拝礼。
診察室

一の鳥居 楼門 お手水
御足洗神事の橋 三光門 本殿

天満宮の近くにある方除けの「大将軍八神社」。
本殿前には方位盤が鎮座します。
大将軍八神社 大将軍八神社境内

今日の一曲『Paul Shortino/Forgotten Child
今日の一冊『暑くて活字が読めませぬ』

<今日も灼熱>
夕方は、こんな感じで暗くなりますが、一向にお湿りはなく。
Stormbringer! オラオラかかってこんかい
コタの視線の向こうにはしーちゃん。いっちょ前に威嚇しよります。

この記事のみを表示する在宅はじめました(遅い?)

雑感

正直なところ、ものすごく集中できる部分と、一瞬で済むのに
と思う部分が混在ですね。業種や職種にもよるんでしょうけど、
自分の場合は60%以上の仕事は在宅でできるかなと思います。
ただ人間って、相互の関わりが必要なイキモノなので、在宅で
ウツになったとか、心を病んだ...って話は解らなくもなし。
ともかく、コロナ禍が過ぎ去っても、元に戻れない変化って起
こるでしょうね。生きてるといろんなことがある。週一在宅かぁ。
オレの在宅キット ナルは黒くなってきた
休憩のとき、ワンやニャーに触れるのがメリットと言えなくもないが(笑)。

クロネコは不吉...とか本気で信じてた年頃がありましたな。
立つことはできないが、上半身を起こしていることはできる
ようになったピー。ドーブツの人間なぞにない力を信じたい。
クロネコのたんごたんご 夏菓
夏の茶菓は、甘過ぎずが鉄則。白玉の風味を殺しては
ならぬのである。なのにこの金柑の甘さは...アウトォ!

今日の一曲『SHORTINO/MAKE A WISH』...イイ曲だ
今日の一冊『52ヘルツのクジラたち/町田そのこ』...自分の誕生日に出版されたのも縁

この記事のみを表示する生きる奇跡...と呼んでいいか

雑感

明日(8月3日)は、ゴルの「るー」の祥月命日。
もう6年になります。その間、何匹もの保護ネコをお世話した
のは、保健所からやってきたるーが道をつけたからかもしれま
せんな。ならばるー、この脚腰がしっかりたたないピー(ピノ)
に力を与えてやってはくれまいか。身体の弱かったベンを、命日
の翌日に静かに連れていってくれたみたいに。
ここまできた

大人しくよい子なのだ
るーには散歩道で出会ってあいさつする「にゃーちゃん」という猫又
友達(笑)がおりました。家に保護ネコが絶えないのはそのせいだ。

今日の一曲『祭ばやしが聞える/ショーケン』...柳さんがバックだよ
今日の一冊『八月の六日間/北村薫』...自称「山愛好家」はやめといて

<梅雨が明けたと思ったら>
猛暑時々くもり状態...。毛皮たちはホンに暑かろう。
いつものようにしーちゃんは、涼を求めて少しでも冷たい
床を探し回ります。信州や東北、北海道も近年は暑いもんな。
地球が狂いはじめているのか、人のせいなのか...。
はーかなわんわー