FC2ブログ
猫とワタシ

Rock hard, ride free!音楽と自転車と本たちと・・・

Everyday is a good day to be alive with Pata's Roll!

from 2014.10.16 count started

この記事のみを表示する春告鳥...鳴き交わすなり

雑感

練習ではなく、本気モードの鳴き声が毎朝聞こえてきます。
京都市は北の方以外、今週末を逃すと桜は散りはじめる
かも。弥生晦日。明日から新年度...気が重い(笑)。
そうそう、桜の季節って実は木蓮や木瓜の花もよく
咲いているのをご存知ですか。そちらも眼福です。
木瓜の花...(これが木瓜<ぼけ>の花)

毎度お馴染み、職場近くの京都造形芸術大学では、今年も
「都をどり」が開催されるようです。賑々しいですね。
都をどり at 造形大 春秋座入口の迎え桜

つくの介は、最後の諸手続に一時帰省していました。
「こんなにあるんか!面倒くせぇ!」って実感したに
ちがいあるまい。これからは全部自分でやるんやで。
学生最後の疎水の花見じゃ
最後に...京都市在住の皆さん!4月1日から自転車に
乗る人は保険加入が義務化されますよー!
自分のためでもあるけど、やはり家族のためですな。

東山大谷廟の大桜...久しぶりに出遭えました。見事。
大谷本廟の大桜 川端の枝垂れ
いつも遅くまで残っている川端通の桜も、もうかなり
散ってました。わずかに残った枝垂れの一本。
空の青に桃色も映えますね。

そして今年最後の桜の写真は、やはり"るー"の碑のお隣で
咲くこの樹ですね。花が大好きだった彼に相応しい場所だと
いつも思います。見上げながらまったりと横になってるよな。
るーの桜
スポンサーサイト



この記事のみを表示する桜...笑む

雑感

"桜匠"佐野藤右衛門さんではないですが、京都市内の桜が
一斉に笑いはじめました。微笑から満面の笑顔へと。
今年も出会えて シアワセです。
今年も冷泉通沿いの桜の下で、こうして写真を撮ることができてよかったなと。

佐野さんは、被災した東北沿岸に「浪分桜」と命名
した苗木を無償で植樹する活動をしておられます。
「花は咲く、春が来れば。地の果て続く限り。」
本当にそうですね。

今日の一曲『Bad Company/Honey Child』...カッコええです。
今日の一冊 『dancyu4月号「食パン好き。」』...アカーン、反則(笑)

<居酒屋、割烹、小料理屋>
このみっつの違いがよくわかりません。関東の方は、
「居酒屋」と聞くとあまりグレードが高くないと感じる
そうですが、どっこい京都の居酒屋はレベルが高い。
下手な料亭なぞ裸足で逃げる料理が出てきます。

本ブログに何度か登場した荒神口「つづき」さんに
久しぶりに食べに行きました。今回は横浜からいら
した明るくて品のよいシルバーカップルとよい時間
が過ごせました。あ、こちらは京大農学部の男子が
代々アルバイトを引き継いでるみたいで、今の子は
鹿児島沖にある離島出身だそうです。料理の内容や
素材の産地を流暢に説明していて、なかなか板に
ついてました。大将だけでなく、一緒に働く人の
気の利き方でも、お店のよしあしは左右されますね。
帯の昆布〆とトリガイ炙り焼牡蠣の肉味噌掛け
筍とふきのとうの天麩羅マナガツオの焼きもの
(料理名はサムネイルをクリックしてください)

<花は語る>
満開の桜もよいですが、低い位置で樹幹から直接出ている
桜も可憐で大好きです。これ早くも今年のベストショットかなと。
このような咲き方は、樹が老境に入った証らしく、それ自体は
少し淋しいことですが、丁寧に生きることを全うする桜はすごい
なと。外来のカミキリムシなんとかしようぜと思います。
小さな花霞 まるでブーケ

この記事のみを表示するそして春が来る...桜がサク。

雑感

三月最後の日曜日。
京都市は、昼間一気に気温が20℃前後にはねあがり
ました。月末はもっと高くなるんだって...マジか。
故に、市内の桜は来週が見ごろなのですと。

それでも朝はまだストーブが欲しい。しーちゃん、毛を
焦がしながら割り込んできます。しっぽ燃えてるちゅうに。
ぬくいの好き

満開までもう少し
ご近所の邸宅にある古い桜はこんなにほころんでいます。
家の庭に桜があるなんて羨ましいです。田舎の家なら
植えられるけど、都会では宝くじ当たらないと無理だな(笑)。

今日の一曲『Honesty/Billy Joel』...こんな風に枯れたいよね。
今日の一冊 『ねこの証明/森村誠一
...ネコはながめて楽しむものだ。我家にちびたたちが来るようになって
あらためてそう思った。奴らはオモシロクてカワイイが飼っちゃいけないのだ。


<相棒...>
今日は、夜に出かけるところがあるのでクルマで通勤。
軽なら1日停めて1,000円かからない。電車代の方が高い。
エンブレムにだまされて(笑)のぞきこんでいた若い子が、
「これがマニュアルですか。あ、ホントだ。ペダルが3っつ
ある。」ってもの珍しそうに...。AT限定だそうです。クルマ
をどういう道具と考えるかですね。自分は一体感が欲しい
からマニュアル...とばしたいだけかもですが(笑)。
佇むコットンベージュ

この記事のみを表示する春分の日...方除の宮

おでかけ

昨日の「弾丸卒業式 to 山口」がこたえているのか、
肩と背中が痛い。クルマやバイクならそんなことないのに、
新幹線はじめ、長時間の乗り物は身体が固まっちまいます。
同じ姿勢で動かないからでしょうね、きっと。

さて、本日はよき方角が「西」ということで城南宮に詣でて
きました。宮城(平安京)の裏鬼門(南西)を守る宮...という
意味。凶の方角へ向かう場合、一旦違う方角の場所で一泊
してから目的地へ向かうという「方違え」発祥の地。
城南宮の御神紋「三光」
三光(日/月/星)の御神紋

偶然、15:00からの「梅が枝神楽」奉納の場に出くわし、
奥さんはお払いとお守りを受けました(ご利益は男向き
じゃないので私は受けなかったけど)。こんな風に何かに
導かれてよきことに出遭うのは、少し気分が晴れますね。
明日は空も晴れますように...。
梅が枝神楽 の巫女様に お祓いしてもらう

今日の一曲『God Save the Queen/Brian May

<いわて>
娘からのラインで、ただひとこと「カモシカ!」って添えてこの
写真が送られてきた。最初意味がわかんなかったけど、よくみる
と...写ってますなぁ。山沿いの民家周辺にまで降りてきてるって
ことかぁ。見れてラッキーだけどよいことじゃないよなぁ。
かもしかー!
<ウチのふくろう>
「三月のライオン」で主人公が目を覚ますと枕元に何かいて
"フクロウ...じゃないよね"ってセリフがある。シャーは最近
こうやってまったりすることが増えた。たしかにフクロウ(笑)。
フクロウ似のシャー

この記事のみを表示する浅見光彦シリーズ

雑感

内田康夫さんが逝去された。
掲題のシリーズをはじめ、若い頃よく読んだ。
TV化され、急速に興味が失せてしまったが、以下の
作品は推理小説ながら「読み返したくなる」人間ドラマ
だったと思います。歴史好きで未読の方はオススメ。

「高千穂伝説殺人事件」「天河伝説殺人事件」
「平家伝説殺人事件」「箸墓(はしはか)幻想」
「死者の木霊」「戸隠伝説殺人事件」(信濃のコロンボ)
「『萩原朔太郎』の亡霊」(岡部警部) ・・・ 合掌

今日の一曲『John Norum/Love Is Meant To Last Forever』...北欧テイスト。

<あぁ仕送りから解放される!>
本日、20日は生憎の空模様でしたが、つくの介の卒業式
に日帰り列席して参りました。そもそも入学の時からギリ
だったこやつ、卒論もギリだったことが指導教員の一言で
発覚!ほぉ~ほぉ~人生まだナメとるのぉ。まぁもう10日
もすれば人生の荒波にもまれるだろうがの。しかし一言
言っておくぞ。年上女性のハニートラップには気をつけろ。
頑張れよ。ホント新山口は何もないとこやったな(笑)。
まぁまぁめでたいの エール

この記事のみを表示する春を告げる霧

雑感

気付けば故郷の瀬戸内で過ごした時間より、京都で過ごした
時間の方が長くなりました。今朝、電車に乗って外の雨を眺
めていると、雨に煙る瀬戸内の海...霧が深く、船同志が汽笛
を鳴らしあって進んでいる映像がふーっと甦りました。
春と秋の瀬戸の風物詩
誰かが「たまに顔見せにもんて(戻って)きいや(来いよ)」
って言ってるのかもしれぬ。慌しい弥生...三月。この季節に
ゆったりと過ごせる精神力(笑)が欲しい。デスクの仕事の
山が現実やけど...さ。

今日の一曲『Diamond Head/Borrowed Time』...古い映像。でも名曲。
今日の一冊『カフーを待ちわびて/原田マハ』...リアリストは読むべからず。

<今年も...>
卒業式週間の到来です。ジテツーの途中、スーツ、袴姿の
そうと思しき人たちに出会いました。晴れがましかったり、
暗かったり(笑)と様子はそれぞれですが、いずれであれ
節目は来ちまったわけですね。君たちに幸あれ。
おねだり! しらんぷりー!
ハスのおねだりはニャーと同じで手をモミジにして
「ドン(くれ)」です。「あのーいただければ」のゴル
と決定的に違う。そして一番大きな違いは、ハスは都合
が悪いと目を逸らす。そのとき白目がゴルより多いので
ごまかしてるのがわかりやす過ぎる...のですな(笑)。

この記事のみを表示する浮き沈み

雑感

誕生日の前後一ヶ月は、暦による多少のズレはあっても
運気が底を打つ時節。悪いことばかり起る...という意味では
なく、ものごとが滞る、些細なことがきっかけで多忙になる、
ちょっとした傷病に見舞われる、吉凶・陰陽が日によって
極端...など、不安定な日々が続きがち...ということ。

以前も書いたことがありますが、これスピリチャルな話では
なく、暦法、統計学上の大きな波のハナシ。春夏秋冬、生老
病死、ハレとケガレ、祝祭と物忌み...光と影、よろこびと
かなしみ...故に人生はおもしろし...と。ただいついも言う
ことですが、心が傷めつけられるのにはちっとも慣れぬな。

今日、明日と京都は20℃前後になるのだとか。体調管理
ムズカシイ。今朝のジテツー久々に最高速度53km/h。
奥さんは「初ツバメ」をみたのだそうです。
イヌやけどね。

ネコやけどね。

クルマとバイクやけどね。

<あげまん>
いつ頃からでしょうか、かりんとう生地にこしあんつめて揚げた
饅頭が各地で売られ、人気を博すようになったのは。どこかの
お店がTVでとりあげられてからだったと思うのですが...。
息子が就職する岡山にもそれがありました。うむ、なかなか
うまし。が、冷めたときの味も大切だと思った次第。いつも
オーブントースターが近くにあるとは限らないですからね。
岡山名物?こげまん 平清水八幡宮
右は、息子の4年間無業息災、学業成就を見守ってくださった
平清水八幡宮」。お世話になりありがとうございました。

この記事のみを表示するねこは新聞を読み...

雑感

いぬはココロを読む。

ロンドンのパブのメニューボードのすみっこに書いてた
のを思い出しました。ユーモアたっぷりの呼び込み看板は
有名ですが、こんな落書きフレーズにも店主や店員の「粋」
を感じます。一瞬の情景を切り取ってフレージングする
センスって、出遭うとぐっときますね。
めがしばしばするにゃ

るーじゃないか
写真整理していて懐かしいものに出遭うのも、違う意味
でぐっときます。あ、"るー"やないか。やわらかい毛質...
赤いバンダナが似合ってたなー(うるうる)。

こっちは5年前の夏のライヴ写真ですな。このTシャツは
今でもお気に入りです。都合7年以上になるのかぁ!
生地のしっかりした衣類は、長もちで心地よいんですよね。
いちころー

今日の一曲『Mozart/Requiem』...東の方々に捧ぐ
今日の一冊『湖猫、波を奔る/弟子吉治郎』...最近訪ねてないなぁ、滋賀

<3.11 東の空に合掌>
東山泉涌寺雲龍院
やがて光が・・・

この記事のみを表示するソース、マヨネーズにケチャップ

雑感

出してもらった手料理に、味見せずいきなり調味料を
かけるのは"グーパンチもの"なのだそうです。

そうしますとワタクシ、原形を留めぬほどにボコられる
こと必至。田舎モノゆえ「・・・には・・・」が習い性に
なっていて、素材の味をまず確かめる...ようになった
のは近年です。コーヒーはずーっとブラックであるが。

あ...調味料もお手製がおいしいのはわかりますよ。
ケチャップなんて、トマト裏漉しから作ったら、それだけ
でご馳走ですからね。あと調味料って私の世代だとお金
がないときのおかずです。ソースごはん、マヨごはん。
ネギと七味をトッピングできればなおよし...の青春時代(笑)

今日の二曲
陽はまた昇る』 『群青』...最近こんな歌詞が身に沁みる...
今日の一冊
御子柴くんと遠距離バディ/若竹七海』...ステキな短編ミステリ。

<やはりか(笑)>
調味料ネタをかましますと、みなさんオススメ品のバトルに
なりますね。これエンドレス。なにせオイシイものは日本中
にあるんだから。基本調味料ってことなら味噌、塩、醤油...
それにわさび、七味、山椒が日本人。「味の素」「花カツオ」
って人もいたな。それとは別に、各家庭で「常備」する「絶対
いつもある」ソースって意味では、わが家は"ブルドッグの
中濃ソース"で他メーカーに走らずです。あとは醤油も"牡蠣
醤油"で他は使わないなぁ。京都のローカルソースってのが
ツバメとオジカなんですが、これが見事に京都的でとっても
「薄い」。ご贔屓さんには悪いが、下味にしか使えん(笑)。
ブルドッグ中濃 京都オジカソース 京都ツバメソース

調味料不可にゃ!

この記事のみを表示する悪女ふたたび...

雑感

二度目の脱走で大目玉をくらったその翌々日、ふたたび
脱走を試みるうちの「ぱーちくりん娘」。一度放浪癖に
火がつくとしばらく消えないのは困ったもんだ(笑)。
ほじほじほじほじほじ
ええで、旅に出ても。けど鉄の馬車たちに突進して
いく(される)のだけは勘弁してくれよ。

そんな娘でも3月3日は「ひなまつり」。こちら東山泉涌寺
雲龍院のおひなさま。皇室ゆかりのお寺さんであり、
おひなさまらしいです。着物はじめ、設えの一点々の
質感が違います。見事...。
雲龍院のおひなさま 今年も咲きました
庭先の梅が、先日の春の嵐にもマケズ満開に。
みなさん、今日もよい一日を。

今日の一曲『YOU'RE THE ONLY 2010/GALNERYUS
...ロックバンドにここまでフィットするとは思わなかった...小野クン。
今日の一冊『カントリー・ダイアリー 春から夏へ
...最近のコミックスはテーマ性がさりげなく高い。

<洛東の毘沙門堂>
山科の奥に、古刹「毘沙門堂門跡」があります。
天部四天王の一天である毘沙門天をご本尊にする珍しい
寺院だと思いますが、不動明王、阿弥陀如来も祀ってあり、
そこは日本仏教の故郷天台宗寺院らしいかなと。春の
枝垂れ、秋の紅葉でも有名。やはり早朝がオススメ。
毘沙門堂 盛りの白梅

<ちびたのはは>
最近、とみにツンデレになってしまったちびたと逆に
ははの「シャー」はまったりとくつろいでいくようになり
ました。人間と同じ...警戒心が解けると穏やかな顔に。
今朝は強風でミニベロが進まず。すでに体力尽きて候。
うんしょ あがったっで よいこらしょ

この記事のみを表示する春寒の...

雑感

弥生...三月...花まだき...

昨夜からの「春一番」で大荒れの京都です。
今朝は強風のためジテツーは断念。進まないというより
しまなみ海道と同じく、振られて飛ばされそうになりますね。
これから一雨ごとに暖かくなればよいのだが。
くっそーウマイんやろなー
やらかし大王から昨夜「南三陸の牡蠣」の「写真」が送られて
きました。ほーウマそうやのぉー。ホンモノ送って来んかーい!
しかし震災から復興し、こうして出荷されるようになった事実
こそすばらしいのだと思います。しっかり支援せいや、娘よ。

今日の一曲『聖飢魔Ⅱ/BAD AGAIN~美しき反逆~』...閣下...ウマイ。
今日の一冊『楽園のカンヴァス/原田マハ』...ミステリだが秀逸な芸術論。

<しーちゃん再び旅に出る>
忘れもしない二年前。娘の修了式前日に留守番だった義母の
目を盗み大脱走...警察のご厄介になりました。そして昨日、
今度は奥さんの一瞬の隙をついて柵を噛み砕いての逃走劇。
そして弟の卒業式の直前...姉弟は平等やってか、おい。

見つけて連れ帰ってくれたのはお隣のお兄さん。老ゴルの
"アン"ちゃんのお散歩途中で出会い、じゃれながらついて
きたとのこと。きっと他のワンならそんなことは絶対にない。
少しの間一緒にいた"るー"の匂いがしたんだろう。事故にも
遭わず無事戻ってきたのは、るーのおかげだ、ありがとよ。
しかしこのばかハスが!定期的に放浪癖が顔を出し、帰巣
本能がない...ってのはホントやわ。中学の県大会以来やぞ、
あんなダッシュしたのは(笑)。あーもぉ!
反省なし
「反省」というコトバは、コイツにはない。絶対ない!