FC2ブログ
猫とワタシ

Rock hard, ride free!音楽と自転車と本たちと・・・

Everyday is a good day to be alive with Pata's Roll!

from 2014.10.16 count started

この記事のみを表示する龍が空を舞う

雑感

どこまでも明瞭でくっきりとした夏の雲に比べ、秋の雲
は輪郭が緩く、空との境界が滲みます。光の強さ、明暗
のせい...と言ってしまえばそれまで。けれど融通無碍に
表情を変える雲との出会いは、究極の一期一会のひとつ
ではなかろうかと思います。少なくとも雲を眺めている
とき、分析的な思考はしない。口が開いたままにならぬ
よう、気をつけてはいますが(笑)。
龍の顎(あぎと) 見知らぬお寺さん
空から地上に目を移すと、京都市内にはいたるところに
民家と区別ができないような小さなお寺さんがあります。
「あ、ここもだったか」と立ち止まったのがこちら。
縁起もご本尊も判らない。webにも名前しか出ていない。
今度、入ってみようかな。いや、入った途端に門が背後
で閉まるんじゃないか...って、不安のよぎる雰囲気の所
もあるしな。真言を唱えて様子みるべきかも(笑)。

今日の一曲 『Electric Sun (Uli Jon Roth) - Why』...究極のGuitar Solo。
今日の一冊 『雲の名前、空のふしぎ/武田康男』...ただただ見惚れます。

ikariya523(ゴーニーサン)
つくの介が帰省していたので、三条木屋町のここで夕食。
フレンチ?スパニッシュ?地中海?よくわかりませんでした。
お値段はリーズナブル...かな。ひとつひとつは丁寧な仕事で
おいしいのですが、がっつり系には少し物足りないかも。
IKARIYA 523
で、こんなものに出会いました。早稲田大学エジプト考古学
と京都大学植物遺伝子学がコラボっていう「京都ノンアルコ
ールビール」。地ビールや古代麦酒の好きな方どうぞ。
ビール本来の酸っぱさを前面に押し出したナイスなお味...
ってか。久しぶりに爆裂系でしたー(笑)。
こいつぁー ひでぇーや
食べたものを少しは紹介しやがれ...とのことですので
二品のみお見せしやしょう。えースルメイカのほにゃらら
と四万十鶏の牛蒡ソースほにゃらら(笑)
スルメイカの... 四万十鶏の...
スポンサーサイト



この記事のみを表示するやってられっかい!

雑感

...って吐き捨てたいときが人生には何度かあります。
同じようなことをいつも書いていますが、肉体的な疲労は厭わぬ
ものの、精神的な疲労は御免蒙りたい。人生、できれば死ぬまで
働いて(動いて)いたいと思いますが、その終盤で、理を解さぬ
輩とつきあいたくありません。苦手な人間とつきあうこともまた
修行...などと達観できるかよー。
やってられっかい

8月29日は「文化財保護法」が施行された日。少し仕事に
関係する法令なので記憶にあります。法隆寺金堂の全焼を
受けて制定されたんだったと思いますが、昨今の寺社仏閣
でのいたずらや破壊行為のニュースに接すると、目に見えぬ
ものへの畏敬の念が薄れているのかなぁと思いますね。

今日の一曲 『Wishbone Ash/The King Will Come
今日の一冊 『和のテーブルセッティング―春夏秋冬40の食卓演出例
...職場の雑誌コーナーにボロボロになって置かれている。誰が、いつ。ちと不思議。

<旬?>
8月は「鰯」が旬だなぁ...と云うと、職場の若い子は「秋でしょ」
って言う。そりゃ秋刀魚(サンマ)か鯵(アジ)だよ(笑)。
まぁ、秋も目の前ですけど、旬ってのは3週間程度をいうので、
案外はずして「ウマイウマイ」って言ってることがありますな。
鰯を嫌う人は結構な比率でいますね。が、苦手な人は揚げ物に
すればよい。旬の脂ののった「アジフリャ~」には敵わないかも
しれないが、ほっこり竜田揚げなぞは絶品。昨日、職場近くの
スーパーで揚げたてを売っていたのですが、どうにも使ってる
油がやな匂いだったので断念。揚げ物は新鮮素材に油が命。
イワシ竜田揚げ

この記事のみを表示するオーラルケア

雑感

...なんてこじゃれた言葉は使いませんが、歯医者さんを
変えてから、歯垢ケアは意識してするようになりました。
そもそも歯ミガキは、力まかせのごりごり派で、ちゃんと
できてると思い込んでました。なのに予想外の歯がムシ歯
だったり、歯周病予備軍だったりしましたので、磨き方も
変えたし、歯間ブラシも3日に一度使うようになってます。

ヘビースモーカー時代は"ザクト"か顆粒入り、その後は
長く"GUM"を使ってましたが、今はこのピュオーラです。
翌朝も口中のネバつきがなく、後味がよいのがお気に入り。
多分、もう死ぬまで(笑)これかな...って感じ。歯間ブラシ
は、個人的に一番使いやすいGUMを愛用です。
マイ ピュオーラ

ほんの少し暑さがゆるみ、また戻ってくる...その繰り返し。
夏の終わりは、ここ数年体調が狂いがちですが、あと少しの
辛抱ですね。この子の毛が増えはじめれば、季節は移ろった
ことになります。しかし今年はよく抜けたよなー。ところで
君は本当に口臭がしないワンだな。歯みがき要らんもんね。
あしながーい あ、あしながーい

今日の一曲 『High Wire/Badlands』...叫ぶだけじゃないウマイハイトーンヴォーカル!
今日の一冊 『アイネクライネナハトムジーク/伊坂幸太郎』...お昼休みにでも。

<そして紫になる...>
高貴な色だと云われますね。同じ紫でも同志社大学が使う
古代紫(オールドパープル)も、渋くて好きですが、光と
共存できるのはやはりグローイッシュパープル。空の青に
負けてません。アサガオの、この夏最後の頑張り。
光の中の紫

この記事のみを表示する紺碧の空

雑感

新聞の片隅に、今日(8月23日)は、戊辰戦争で会津藩の
白虎隊20名が自刃した日...と載っていました。彼らとほぼ
同じ年齢の"東と西の高校生"が、甲子園で雌雄を決する...
時空を超えて、幸せと悲しみが交差するように感じるのは
私だけでしょうか。
鶴ヶ城 甲子園
いつの時代も、真摯に何かを求めて頑張る若者に幸あれ!

今日の一曲 『君をのせて(Laputa)/Animatal』...こう来るか(笑)

<8月24日はお酒の日>
お酒が大好きだった歌人・若山牧水の誕生日にあてたらしい。
「白玉の歯にしみとほる秋の夜の 酒はしづかに飲むべかりけり」
って歌はご存知の方が多いかも。独り閑かに呑む酒は格別...って
詠じています。うーん、我家の奥さんの状態がまさにそれや(笑)。
宗玄 むすっ
先日、伝助さんで呑もうとして、自重した能登の銘酒「宗玄」。
外食すると散歩が遅くなって不機嫌なしーちゃん。二月に一回やん。奥さんは違うけど(笑)。

<水の都>
関東の方はこの呼称に違和感があるかもしれませんが、
大阪は水の都。石山本願寺から豊臣大坂城の時代まで
縦横に巡らされた堀が、この都市の特徴でした。
今日は研修で大阪中之島へ。京阪特急に1両加わった
"プレミアムカー"は通常運賃に+500円で指定席になり、
新幹線以上のゆったり&機能充実シートでくつろげます。
チャンスがあればぜひ一度どうぞ!
プレミアムカーのシート 淀屋橋北詰

この記事のみを表示するたまには空を仰ぎみて...

雑感

えぇ年してマンガばかり読まんときって言われますが、
ほっといてんか。えぇマンガは下手な純文学より心を
揺さぶるんです。『銀の匙14』...やはりワクワク青春
グラフィティ(古ぅ)。結局「そう、そやねん!」
と共感できるかできないかとちゃいますかねー。
9月には『3月のライオン』も出ますよー。
銀の匙14

さて、甲子園大会が佳境を迎えるころ、夏の空も名残の顔を
見せはじめます。この青(蒼)は、若い頃から大好きなんですね。
電線がちと邪魔ですが、我家からなかなかよい空を眺められます。
南みてー西みてー
黒雲ひろがってーポツポツポツ
(このあと夕立でした。夏はこうでないとね。)

酷暑で抜けきっていたしーちゃんの首周りの毛が、ほんの
少しずつ戻ってきました。ごくたまにするこのウルウルの
目がカワイイやないかい(笑)。もうちょっとの辛抱やな。
石は冷とぅてえぇで

<生きてゆくためには...>
ここんとこ何度か本ブログに登場している近所のノラ...
名前は「シャー」...いや、ごはんねだるクセにすぐ威嚇
するから(笑)。この子達にしてみれば、愛想も生きる
術ですよね。今夜の大河ドラマを観て「史実と違う」
なんてコメント書いてる連中よりよほど素直でよい。
そんなヤボ言ってないで泣けよ...って思うけどな。
脚本、演技全方位に亙って古今無双でした。
態度のでかいおねだり

今日の一曲 『Bad Company/Burnin' Sky Live』...あぁサイコーのVocal
今日の一冊 『二度寝で番茶/木皿泉』...ある意味コトバのチカラを感じます。

<ご褒美>
なんのや...とは突っ込まないで欲しい。日常に疲れ切っとるのだ。
ほんに久しぶり恒屋伝助の絶佳のネタと技を堪能して厄落とし。
大みぞ(溝)貝
こんな複雑な味の貝ははじめて!伝助さんもはじめて扱ったという北海道産の大みぞ貝。
めごち&新れんこん
めごちと新れんこん...ため息しか出ませんでしたぁ。めごちは松葉おろしです。

この記事のみを表示する今年もお見送り

雑感

五山の送り火...今年も出町柳周辺へと繰り出す人の流れに
逆らって帰宅。汗と人いきれ...がやはり苦手。それにしても
今年は、通り雨にも雷雨にも遭わず結構なことでした。
祖霊のみなさま、また来年もいらしてください。

「壁きち(現在は"こま")」の近況を知りたい方はコチラから
どうぞ。元からキレイなネコでしたが耳が特徴のギスモみたい
なフォルムになってきたな。それにしてもフクイ画伯...お仕事
してまっか(笑)。

ひょんなことから、写真家の中山博喜さんよりリコーの初代
GRをいただきました。CanonのPowershot S95がお隠れ遊ば
してから、我家にはCCDセンサーのカメラがなくなっていた
ので超ウレシー。12年前のカメラだって、800万画素だって
キレッキレの写真が撮れるんです。おおきにー!
(いや、せがんだわけちゃうよー。指はくわえたけど。)
初代GR

今日の一曲 『Jimmy Page's Chopin Prelude n.4 - Arms Concert New York
...テクニック的にはジミー・ペイジはアウトなのですが、この間とカッコよさは誰もマネできず!
今日の一冊 『アスリートシェフの チキンブレスト レシピ
...まぁ自転車乗りとしては、ちょっくら読まないわけにはいかぬのですよ。

<雷雨>
8月18日...『米の日(八十八=米)』...関係ないか(笑)。
送り火の日に辛抱してくれたカミナリさんが、今朝は「もうムリ」
ってなもんで俗に云う天が破れたかのような雷雨、豪雨でした。
昼前には落ち着くらしいですが、こうして京都のうだる暑さも
少しずつ緩み秋に向かいます。否、ここ数年はそう思い乍らも
十月アタマまでは暑さが続いてるんですよね。さて今秋は...。

月命日以降、るーの友達だったなーちゃんというネコが、
しーちゃんの散歩道に現れてたわむれていきます。
きっと、背中に乗ってるるーが見えるんでしょうな。
もう15歳は軽く超えているはずのなーちゃん。壁きち
(こま)は、その生まれ変わりだと最初は思ったくらい
長く会ってませんでした。いやさ、実は物の怪でも、
一向に構わないのですけどね(笑)。
え?いつ?
昨日の朝、突然咲き誇った朝顔。つぼみはどこにあったんだ。いや、なかったぞ!怪異や!

この記事のみを表示するHere I Go Again!

雑感

たくさんの懐かしい顔に出会いつつ、今年も夏の同窓会
ライヴを無事に終えました。一日でも長く音楽と関わる
ことができればシアワセだなと思う今日この頃。
今年の同窓会ライヴ
入魂のGソロ

Uターンラッシュの渋滞や、明日(14日)から仕事再開と思えば
憂鬱でたまらないけれど「幸福と不幸の総量は同じ」と考えて
元気で頑張らねば!あ...『あら川の桃』食べたい(笑)。

今日の一曲 『THE WHO/Summertime Blues』...いいなぁ70年代。
今日の一冊 『ありがたい植物 /日本人の健康を支える野菜・果物・マメの不思議な力/田中修

<プロの技>
お盆を前に、しーちゃんも身だしなみを整えました。
洗ったり、ちょっとしたカットならわれわれでもできますが、
なんたって、この「まるーん」とした整髪(毛)は真似できない。
しかし、しーちゃんは今回くたくたになって帰ってきました。
こうやって触ってもびくともしやがりませんでした(笑)。
まっ まっるーん 疲れてんねん寝かしといて
死んだように寝るとはまさにこのことやわー。

<8月15日>
終戦の日です...記念日などでは断じてありません。
平和の礎となった多くの方々に対して慰霊を尽くすことに
何の遠慮がいるでしょうか。戦争は未来永劫行なっては
ならない...と願う気持ちとの間に矛盾はないのです。

この記事のみを表示する燃え盛る日々

雑感

京都五条坂の「陶器まつり」に、奥さん行ってきたらしい。
ぐい呑み、片口と刺身皿あたりを仕入れてきた模様(笑)。
自分も、コーヒーカップと茶碗を今度物色しに行こうかな。
それにしても炎天下の陶器市...ばったばったと人が...。

いまや絶滅寸前シフトノブ
炎天下と云えば、夏のクルマも凶器。ほんの30分屋外に停めた
だけで、金属製シフトノブは、ヤケドするくらい熱くなります。
いまや稀少なMTだけの話かも。ATノブは樹脂だもんね。

ははは腹が減る
こねこがおった
最近、ごはんをおくれにゃ...と勝手口にやってきていた
このキジトラ...実は出産していたことが判明。だから
授乳でお腹が空いて頻繁に来てたのですな。暑いけど
がんばれよ、お母さん。またヒナがかわいいな。

コピー道具
さて、12日が同窓会Liveなんで追い込みちゅう。あいかわらず
新曲の歌詞が覚えられませんなぁ。どーしよ...。

今日の一曲 『Deep Purple/Highway Star』...演るんっすよ、これ(笑)。
今日の一冊 『珈琲時間』...よい記事たまにあり。コーヒー好き、カフェ好きの方に。

<やっと...>
一輪だけ咲きました。こんな小さい。でもよく咲いてくれました。
さて、本日(12日)は同窓会ライヴ。いっちょ頑張ってくるかー。
I'm a highway star~!
極小一輪

臨戦態勢
ライヴに入る前のいでたちですな。Vocalは楽器がないので
便利。せいぜいマイクスタンドっすね。

この記事のみを表示する浄化と禊(みそぎ)

雑感

まだ台風の余波が残る京都市ですが、今朝はジテツー。
返しの強風に煽られながら、路側帯に吹き溜まった枝葉
で滑らぬよう、いつもより慎重にまったりと走行。
風の中を

さて、八月と云えば多くの神社で夏の大祭や大祓が行なわれ
ます。私の故郷...愛媛の反対側(=高知県)にもかなり浄化
する力の強いお社があり、子どもの頃、大人たちが「禊に行
って来たわい」と話しているのをぼんやりと聞いてました。
土佐神社 朝倉神社
土佐一ノ宮「土佐神社」(左)と土佐二ノ宮「朝倉神社」(右)

ですが「浄化」は諸刃の剣で、穢れを祓うと同時に、蓄えた
よいものもリセットする業。なので、本当に生まれ変わりたい、
やり直したい(まさにリセットですね)と思わぬ限り、安易に
そうした神域に立ち寄って祈ってはならぬと教わりました。

マナガツオ
本日のお昼時、またぞろ職場のラウンジで、今日はオジサマ
たちが「マナガツオの旨い季節になったな」なーんて話しを
してました。んー、マナガツオは春が旬だと思ってたのです
がねー。この魚、やはり子どもの頃と違い、今や高級魚。
たしかにほとんどお品書きに見ない。見つけたらぜひ食して
みてください(あ、カツオとは味も食感も無縁ですよー)。

今日の一曲 『Point Of Know Return/Kansas』...あ、これも歌詞がステキ過ぎる
今日の一冊 『蕎麦打/加藤晴之 (ちくま文庫)』...蕎麦の薀蓄本ではなく生き方(様)の本

<1945.8.9 11:02 a.m>
もうひとつの悲劇に黙祷。
Never forget..., an I do wish the war-pigs die out.

<さ、咲かぬ>
今年で、同じ苗からとれた種子の三年目なのですが、一向に
花が咲きませぬ。今朝、ふたつばかりか弱ーいつぼみのような
ものを見つけましたが、未開花で終わるかもしれませんね。
「壁きち」のせいではないと思うのですが、今年はしーちゃん
ノミがつきました。ワンコを飼ってはじめて。クスリを塗布
しても...しつこい。おまけにこの夏、あまりの暑さにこの子は
抜け毛がきわまり、このように顔の周りが貧相になっております。
秋口にはあの「もふっ」が復活して欲しいな。異常気象のせいか。
貧相!

この記事のみを表示するSay, good-bye...

どーぶつ

「壁きち」は「こまちゃん」と名前を変え、フクイ画伯の
元に、豪雨の中をもらわれてゆきました。達者でな!成猫
したあかつきには、ちゃんと挨拶に来いや(笑)。
ねこじゃけんー
壁を叩き壊し、引っぱり出してから今日までお世話して
きた奥さんは、初日から撮り続けた写真を見ながらしくしく...。
もちろん、元気に育ってくれたことがウレシイわけですが、
フクイ画伯でなければ絶対に譲らんかったでしょうねー。
愛情の形はさまざまですけど、やはり同じ愛情を注いで
くれる(であろう)人でないと手放せません。今回、横で
見ていて、保護犬や老犬の引き取り手にはなれても、
パピーウォーカーは自分は無理やな...と自覚しました。
オイオイ泣いて別れられないですね(笑)。

今日の一曲 『Crazy/Aerosmith』...夏だしね。

<1945.8.6 8:15a.m>
政治家がどんなご都合主義でこの悲劇を利用しようとも、
海外からHiroshimaを訪ねる人々が増え、真実を知り、そして
発信してくれているという草の根レベルの事実こそが、きっと
平和を導くのだと信じています。久しぶりに比叡山に詣でました。
苔と新芽 文殊楼
...星峰稲荷社への参道近く、雨水をたっぷりとふくんだ苔の中から芽吹く新芽(左)。
根本中堂の正面にある急峻な階段上の文殊楼(右)。

立秋の日に台風...今回は京都市もなかなか激しい風雨です。
驚いたのは、職場がはじめて台風による早退を認めたこと。
何があっても専任職員は規程時間労働一本やりだったのです
けどね。しかし、毎年8月のはじめはるーのことを思い出してる
から立秋のことを忘れがちです。
このころから太り気味

この記事のみを表示する思いは...募る...

雑感

まる三年が過ぎても、この子のほわほわの毛や「遊んで遊んで」や
「おやつおやつ」は何かの拍子に思い出します。多分、しーちゃん
が正反対の容姿、性格だからかもしれない。ともかく君のいない
わが家は、サイエンスダイエットの消費量が滞ったままや(笑)。
やぁ! 湯浴み
さて、5日(土)に旅立つ「壁きち」の身支度のため、昨夜は
ノミおとしの薬剤を流す"湯浴み"をいたしました。ネコは水を
嫌うのですが、コイツはまぁまぁいけるくちかも。

夏も盛り...8月の旬の食材と言えば、私はナスとさんま。
先日「うなぎより穴子」の記事を書きましたが、さらに「うな
丼よりさんま丼」ですなー。うなぎは一切れ二切れつまめれば
十分。最近脂っぽいものがとんとしんどくなって参りましたよ。
さんまの蒲焼丼

今日の一曲 『Running For Tomorrow/Praying Mantis...お盆にこれ歌います。

<自転車は左、人は右。赤は止まれ。>
夕立やにわか雨予想の日が続き、ずっと乗らなかった
お久しぶりのホワイトエッジ君参上。ここ数日、伏見
稲荷や六道珍皇寺周辺の道で、横断歩道を赤で渡ったり
車道を横切る中国(台湾?)人観光客が多く、ちょっと
イライラしています。儒教思想には、謙譲や規律を遵守
する意識はないのか...いや、そんなはずはないでしょ。
オレはロードバイクやぞ

<水中花>
小学校6年生くらいだったと思うのですが、親戚の人が
水中花なるものをお土産にくれました。その後、井上忠夫
さんという作曲家がリリースしたのがまさに『水中花』って曲。
まだボーイソプラノの余韻が残ってた自分の十八番になり
ました。かたやDeep PurpleのLive in Japanにのめりこみ、
かたや演歌を口ずさむ。変なガキンチョでしたなー(笑)。
水中花