FC2ブログ
猫とワタシ

Rock hard, ride free!音楽と自転車と本たちと・・・

Everyday is a good day to be alive with Pata's Roll!

from 2014.10.16 count started

この記事のみを表示する三月の憂欝

雑感

春・・・にあまりよい想い出がないのはなぜだろう。
わくわく感よりも、別離や挫折や後悔の記憶の方が
多いからかもしれない。頑丈な鼻腔と眼球のおかげで
花粉症に煩わされることがないのが救いだ(笑)。
裏山の山桜職場の山桜(メジロ鈴なり)

東北の風土に接していると、生き方変わるんじゃないか
って予感がする。バイクのライディングに例えれば、京都
市内では「踏め、踏め、踏め」って走り方になるが、東北
では、多分「踏むのをやめて景色見ろ」って走り方になる
のじゃないかな。「カン」なんだけど、多分そうだろう。

"るー"も"しー"も、自由に駆け回ることのできる土地での
生活の方がきっとシアワセ。彼、彼女が飛ぶように走る
姿はほんと美しい。でも、今の環境ではせいぜい50m。
「あんたのダッシュ力がそこで尽きるからだろ」の指摘
・・・正解です(笑)。
は・し・り・た・いー
やらかし大王はカントリー"熱烈"OK。
自分もカントリーOK(バイクは必須)。
邦さんはプチカントリーが限界。
つくの介は・・・虫嫌いだから無理だな。
だめじゃん、わが家のカントリーライフ(笑)。

<3/30追記>
本日、やらかし大王が伏見区役所へ転出届を出しました。
明日(31日)岩手県一関市に転入届を出します。1日から
いよいよ社会人として自立です。娘であることに変わりは
ないけれど、どこか寂しいと感じるのは何故だろう。
これまでも遠くに居たのにね。もう頑張れ、負けるなって
言葉は使わない。元気で自分を大切に生きてけ。

今日の一曲『Home Sweet Home/Motley Crue
スポンサーサイト



この記事のみを表示する花待ちの宵に

雑感

修了式の後、一関市の赴任地へ引越して、四月一日の
辞令交付式を待つ予定だったのですが、前任者の都合
で予定していた県の職員寮が空かず、やらかし大王は
しばし京都に戻ってきました。

よろこんだのはしーちゃん。
久しぶりにかまってくれる相手・・・心置きなく歯を
たてることのできる相手の登場です。るーのときもそう
でしたが、大好きなおねぇちゃんが帰省するのを心待ち
にしてますね。どーぶつの感性は正直です。
あそびあいて 根付け!さくら。
伏見の桜はいま三分から六分咲き。
来週はどこかで満開の桜を眺めて過ごしたいです。
あ、今年も切り花で買ってきた桜を挿木しました。
根付いてくれたら・・・うれしいなぁ。
七十二候は25日から『櫻始開(さくらはじめてひらく)』。
京都は、今のところ暦に沿って春を歩いています。

岩手のお土産がみんなに好評でしたので、情報追加。
以前、砂田屋の『酒ケーキ』はご紹介しましたが、
今日は『かもめのたまご(黄金偏)』と『なかよし』を。
前者は大船渡、後者は八戸の名産です。
かもめのたまご クロワッサンたいやき
ところで右側の写真は『クロワッサンたいやき』。
岩手名産じゃありませんが、盛岡駅地下で運命の出会い(笑)。

この記事のみを表示する盛岡の空

おでかけ

目の前に春夏秋冬の"岩手山"、右手に"北上川"。
そんなめぐまれた環境でやらかし大王は六年間を過ごし
ました。日本史の教科書にもしっかりその名が出てくる
盛岡市『前九年』町にある棲家で。

環境は人を変え、そして創ります。
出会ったひとびと、街、風土、気候、できごと。
彼女には、岩手・・・盛岡という街がこの上なく
やさしかったにちがいない。そして何度も言いますが、
震災という"抗えない不幸と厳しさ"に育てられた。

東北の街らしく、気温マイナス一桁で「今日はましだ」
と言い、晴天かと思えば俄かに掻き曇って小雪が舞う・・・。
清冽で美しく旅人には「風情」。けれど一度郊外に出れば
人家まばらな山野・・・田園・・・遠い空。
バイクでひたすら走りたいなぁ。向かい風でもいい。

そして忘れちゃならぬは"けしからんほど美味い"たべもの。
お米にはじまり、魚介、麺、肉類・・・そしてお酒。
ご紹介したい食べ物やお店は数あれど、今回は一軒だけ。
盛岡駅から徒歩10分『開運橋通 菊花』。素材、仕事の
丁寧さ、大将の人柄・・・お見事。盛岡に行かれたら是非!
とりてつちがいます 盛岡城址 桜山神社
烏帽子岩 酒の山 岩手銀河鉄道
北上川畔 香箱かに
左上から・・・お約束東北新幹線「こまち&はやぶさ」/盛岡
城址/娘を護ってくださった桜山神社/同境内の烏帽子岩
/東北のお酒たち/IGRの車両/北上川河畔夜景/最後に
『菊花』でいただいた「香箱ガニ」は二度とは出会えない超の
つく極上モノ。三年熟成の銘酒『能代』。あ、贅沢すぎて涙が・・・。

この記事のみを表示するしーちゃん旅に出る

雑感

小雪の舞う盛岡から、桜の咲き始めた京都に戻って参りました。

やらかし大王が六年間を過ごした"巣"を掃除し、何もなくなった
部屋を眺めていると、下宿を払い、次の生活へ向かったときの
自分の心境を思い出してしまって、柄にもなく感慨に耽っちまい
ました。彼女の学位授与式の会場でも然り・・・。
旅立ちのときって甘酸っぱいですな・・・。
岩手山 彼女の部屋から見える岩手山も見納め

で、盛岡に着いていろいろと片付けやら何やらをしていた
二日目、ちっとも"甘酸っぱくない旅立ち"をうちのもう一人
(匹)の娘がやってくれました。

「留守番ばっかりさせるんやったら、出ていったるー!」
「わたしかて、やらかしねぇちゃんの門出みたいねん!」
と言ったかどうかは定かじゃありません。
とにかく、留守番に来ていた邦さんの母の目を盗み・・・。

近所のみなさん総出で探していただきましたが見つからず。
最悪の場合を考え、友人たちにフェイスブックでの情報展開
を依頼し、近隣の保健所と警察署に連絡してから私だけでも
帰京せねば・・・と腹を括った矢先、伏見警察署から…

義母が連れに行くと、「かわいなー」「きれいな子やなー」と婦人
警官さん達にちやほやされ、お姫様状態のバカ娘がおったそうです。
もう久しぶりにひざがヘナヘナになりました。ったく、うちの娘達
はどうしてこう「やらかし」てくれるんかなー、節目節目で。
すまんかったって

そんなこんなで、『盛岡紀行』は次の記事にて(笑)。
二人の娘が無事に明日を迎えることができてよかった。

この記事のみを表示するハレ・・・

雑感

朝方までの激しい雨があがった京都市。本日、卒業(修了)
式を迎えるみなさん・・・おめでとうございます。

晴着、紋付袴、スーツ姿の軍団を何組か追い越しました。
毎年この時期は懐かしいとも云えるし、あまりよい記憶は
なかったなーと少し寂しくなったりもします。

さて、明日(20日)より、やらかし大王の学位授与式に
盛岡まで出掛けまする。彼女が生まれてこの方、式典なる
ものにキチンと出たことがない。自立する門出ですから、
流石に・・・ですね。ノートPCやタブレットといった文明
の利器を持たぬ私なので、23日迄記事の更新ができませぬ。
しばし休憩でござる。それにしても東海道、東北新幹線
乗り継ぎは気が重い。何故かと云えばとにかく"閉鎖空間"が
苦手なのです。大学受験の頃、押入れの上段に布団、下段
にミニコタツ+勉強道具・・・って生活を送ってたのですが、
今から思えばあそこでの四苦八苦が、後のパニック障害の
土台(笑)を作ったのかもしれません。

なんにせよ、人の門出にはきちんと正対せねば・・・です。
結果、かくの如し(笑)。すまんな。おみや買って来るしな。
きーっ
雨の日&ぶろぶら用のパール。君もどろだらけやな。
帰ったらちゃんとメンテするけん。ごめん。
どろどろ

今日の二曲
   『I Want To Break Free/Queen』・・・自由への旅立ち
   『Heading For Tomorrow/Gamma Ray』・・・立ち向かえ!

<3/20追記>
さすが盛岡、さすが東北。
寒いです。そしてけしからんほどに
おいしいそうなものがいたるところに。
あ、この数日、誘惑に勝てるやろか。

この記事のみを表示する思いやり

雑感

人を説得したり、諭したり、叱ったり、褒めたりする際、
一見正しいことを言っているようでも、前後の文脈から
見つめなおしてみれば、机上論や批評、おためごかしに
なってることがよくあります。だから、できるだけもの
ごとは、部分的にではなく全体像をよく考察し、安易に
一般化しないよう気をつけないと、相手を傷つけてしま
います。けれど、これがなかなか難しい・・・。加えて
人にはお互いの"信頼関係"って厄介な前提があるから。

一方、モノ言わぬ「贈り物」は違います。
贈る人の心根が、雄弁に「よしあし」を語ってしまう。
相手を思って選んだか否か・・・その一点で。
いただきもの やらかしへのお祝い
左は友人からいただいたワイン『プティ・マヌー』。
仕込みのよかった2009年ボルドー産だそうです。
右は娘の同級生とそのお母さんが選んでくれた『就職祝』。
いずれも丁寧に選んでくださっているのが伝わってウレシイ。
あれ?オレ宛のモンは・・・ないじゃん、そう云えば(哀)。

これは一昨年の"年末ごあいさつカード"で使った画像。
「ちょーだい、ちょーだい、ちょーだい」
「好き、好き、好き」・・・がだだ漏れのゴルたち(笑)。
appetite for love
人間関係も、こんなふうにシンプルであればよいのに。

<3/18追記>
昨日は「うぐいすも練習の成果がではじめてるな」
って思いましたが、今朝は更に上手になってました。
京都は夕方から雨らしい。明日は卒業式が多い
そうです。晴れるとよいなー。

この記事のみを表示する鬼(隠仁)と言霊(ことだま)

雑感

山折哲雄先生の執務室で、拝聴したお話のひとつです。
「念ずるも唇にのせるも、それ人を縛る」・・・すなわち
一旦脳裏に浮かべる、想う、願う、あまつさえ言葉に出せ
ばそれは「呪」となって人の行動を規制する。故に考え
学ぶことは大切だが、それに囚われてはいけない・・・
かいつまむと、そのようなお話でした。

そう云えば先生は、講義の際、後ろの方に座ろうとする
学生に「そこには鬼が潜んでいるぞ。とり憑かれるぞ。
危い。」とおっしゃって前に座らせていました。
これは逆に「呪」を放ったわけですね。
まさに現(いま)陰陽師!

(閑話休題)
昨今の和犬ブームが少し心配。
ゴールデンレトリーバ、シベリアンハスキー・・・も
そうだったけど、ブームでもてはやされて・・・不幸な
子が人間の勝手都合でたくさん出て・・・。

和犬は精悍・忠実な一方、神経質で気難しい面があり、
躾が難しい。あの柴犬でさえ、超ツンデレ犬であることが
あまり知られてません。だから"かわいい"だけで飼うのは
ちとお待ちいただきたい。飼い主になることができるかを
しっかり見極めて仔犬を託す誠意あるブリーダーさん、
いや願わくばシェルターを訪ねてみてください。
生体販売店は(個人的には)論外っす。
かわいいに決まっとる

七十二候は啓蟄の最後の五日間で『菜虫化蝶(なむしちょう
となる)』。ここで云う蝶は"紋白蝶"のことらしいのですが、
今朝方まで降り続いた雨で、京都は蝶の羽化とは参りませぬ。
肌寒く、ジテツーつらしでござったよ(笑)。

この記事のみを表示する岩手県一関市千厩(せんまや)

雑感

・・・やらかし大王の勤務地が決まりました。
こんな町です。愛媛の郷よりは家が多い(笑)。
まぁ、地方県庁職員ですから県内の広範な異動は常。
覚悟はしてるでしょう。この一関市の山間部の町を
出発点に、彼女の社会人生活がはじまります。

ここに5年前やってきて こうして大学生活をはじめ(平泉毛越寺)
春に田おこし 秋に収穫・・・
気仙沼、陸前高田、大船渡・・・「東北で頑張ってみたい」
・・・と決心するきっかけとなった町はすぐ近く。
だから「××辞退するんやなかった」なぞ泣き言を
ぬかしたらはりたおす(笑)。自分で選んだ道やからな。
きばれや、ほどほどにな。ぼちぼちとな。
きばれや


偶然にしてはでき過ぎている訃報。
EL&Pのキーボード奏者、キース・エマーソンさんが
逝去。彼が東北のために捧げてくれたこの曲を
今日は聴いてください。合掌
The Land Of Rising Sun(日出ずる国へ)/Keith Emerson

<3/14追記>
13日に行なわれた香川選手所属のボルシア・ドルトムントと
マインツの一戦(独ブンデス・リーガ)で、観客が心臓発作に
より亡くなるという出来事があったそうです。命をかける程の
応援・・・そして瞬時にスタジアムがその死に反応して哀悼の
態度を示す・・・。日本の民度は高いと云いますが、欧州
サッカー文化の民度も凄まじく高いです。

この記事のみを表示する黙祷・・・

雑感

言葉より祈りを・・・
慰めより愛を・・・
愛しいものよ
さよならと泣かないで
今は微笑を
いつかまた廻り会える
光と影のように

人はみな遠ざかり
夢は褪せようと
花は咲く
春が来れば
地の果て続く限り

・・・・・・・・・・
目を閉じればいつでも
側にいるあなた
あの星と同じように
瞬く愛の光
あの星と同じように
消えない愛の光
うみだー
今日の二曲
   『No One But You/Queen
   『Made In Heaven/Queen

<3/12追記>
さまざまな人生、さまざまな境遇・・・。
人の世は不条理で満ち溢れています。
けれど信じたい。幸福と不幸の総量は同じ。
欠けてゆく月もやがて満ちてくる・・・。
しあわせになって欲しいと願う人がいる限り。

この記事のみを表示する篠突く雨

雑感

・・・とはよく云ったものです。
細かい雨も集まって顔を叩けば、篠竹が飛んできて当たる
ように痛い・・・今朝はそんなジテツーでした。

二回ほど記事に登場した"高級自転車購入"の若造君、
私のバイクがディレイラー(変速機)を代えたのを目ざとく
見つけてましたな。なんかモノ言いたげでしたが、君の
パーツの方が高級だから気にすんな(笑)。しかし・・・
「今日のバッグは、メイクは、服は」みたいな感じで
いやだ。道具より、まず自分(エンジン)を磨きなよ。
気づくかー

最近、通勤の途中で二頭の秋田犬を連れた脚の悪い
おじぃさんに出会います。この方、いつも恐ろしく不機嫌
な顔をされてるのですが、ワンコを見る目も同じ。ワンコも
目を合わそうとせず明後日の方を向いてます。んー、けど
毎朝散歩させてる。脚をひきずりひきずりゆっくりと。
ワンコもそれにあわせゆっくりと・・・。
シアワセ・・・なのでしょうか、お互い。
いやいや、シアワセの形はそれもあり、これもあり。

君はどうなんや。うちに来てさ。
ちーっ

今日の一曲『Anastasia/Slash
   前回記事の曲でGuitarを弾いているスラッシュのプレイ。
   アナスタシアってタイトル、楽曲すばらし過ぎ。

<3/10追記>
七十二候『桃始笑(ももはじめてさく)』。
咲く→笑く・・・よいですね、この文字使い。
洒脱な先人の懐の広さを感じます。
「花"笑か"じぃさん」ですよ、粋だなぁ。
昨日、邦さんの勤め先に泥棒が入りました。
彼女が第一発見者。壁に突き刺さる包丁(ドラマか)。
そんな切羽詰った状況下では、経営者や他の従業員の
人となりや本質が垣間見えちまって、そっちがツライ。

この記事のみを表示する花揺らす風のいろ

雑感

今朝のジテツー、久しぶりにボトボトの大汗をかきました。
暖かかったです。けれど水木は雨が降り、また寒くなる
のだとか。三寒四温の時候になりましたね。

一句浮かぶ。『名残梅(なごりうめ) 散らすなしばし 春の風』
感慨・・・ 詠み犬:しどらー
姿勢よくしてたら、ほんまキレイなワンなんやけどな(笑)。

昨夕、食材を買いに行った道すがら、雑草に混ざってこんな
花が咲いてるのを見つけました。都会の排気ガスいっぱいの
道路沿いに。3.11が近づくと、こんな感慨を得る体験をします。
娘が、本格的に岩手に根付く一年目でもあるし。
すずらん
2016年3月6日現在・・・の我が家のコーヒーセット。
学生の頃は「こういう無駄な時間が必要なんだよ」
とか云いながら、ミルで豆を挽き、タバコを燻らせつつ
サイフォンで淹れてました。流石にもうそこまではしない。
春はこんなふうに『時間』について考える機会の多い季節。
慌しく過ぎ去る一方で・・・身の置き所を探してる自分。
Cafe Set

今日の一曲『Tears in heaven - Steven Tyler, Ozzy, Kelly Osbourne, etc
   with love an' great mourning

<3/8追記>
↑この曲についての質問が多かったので解説。
2004年12月26日に発生したスマトラ沖地震・津波被害者
のためのチャリティソング。原曲はエリック・クラプトン。
更に切なく美しいバラッドに仕上がってますね。
スラッシュのギターが泣かせます。

この記事のみを表示する啓蟄(けいちつ)

歳時

・・・の初候。『蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)』。
暦にふさわしい暖かな一日でした。しーちゃんの
暇つぶしのお相手、虫たちが少しずつ登場する季節。
二軒隣のお宅では、早咲きの桜がこれこのとおり・・・。
さくらさく
ぽかぽか陽気だと、ついこんな感じで昼寝ターイム。
そこを私がちょっかいを出す。大嫌いなだっこやぞ~。
ひるねー おせっかい
剥製か・・・っちゅうくらい見事に固まっとるでしょ?
目が泳いでるし(笑)。で、しつこいと・・・降ろした
途端に反撃の一発がみぞおちにヒーット(うげっ)!
はんげき!
ま・・・すべからくこのように穏やかな一日。
そして昼からはずっとバイクのメンテ。
先週はちょっと荒っぽく乗ったので。

来週からは本当に忙しくなる。
嵐の前の休息です。だから・・・
たまにはいいって言ってくれ。

今日の一曲『Thank You/Led Zeppelin
今日の一冊『仰臥漫録 (岩波文庫) /正岡子規

この記事のみを表示するBRUTUS・・・

雑感

最新号の表紙に"クラッ"とこなかった犬好きはいないのでは
ないでしょうか。斯く言う私も、職場のラウンジに置いてい
なければ、サイフの紐が緩んだに違いありません。
友人、スタッフ、邦さんが見事餌食(笑)になりました。

こうしたカタログ雑誌は、興味惹かれる特集が載っていても
ほんの数ページであることが多いのですが、今回全編『犬』。
BRUTUS・・・お前もか・・・の肩透かしじゃなかったです。

富士丸、わさお、まる、そして最近では前回の記事に掲載の
日本犬たちがブログやメディアを賑わわせていますが、
やはり気になるのは、飼い主さんとの関係性。
もちろん犬自体はどの子も魅力的。けど「犬は相棒」と思っ
てる自分には、そこが一番興味深いです。学ぶことも多し。

"るー"は亀岡の保健所から、"しー"ちゃんは生後7ヶ月で
もう背中が窮屈そうにケージにあたっているのを見かねて
ショップから我が家にやって来た子たちです。
よく「生まれたときから飼いたい」という人がいます。気持
ちは解ります。けど、生後2ヶ月に満たずに母犬や兄弟達と
別離れるのは、免疫的にも社会性の点でもかわいそうです。
自分はそう思います。人間が学ばないといけないのではと。
せやで やめれー

それにしても"わさお"・・・。お前えぇ佇まいしてるなー。
けど、たまにはお父さんに唸らんとつきあったれよ(笑)。

今日の一冊『病牀六尺 (岩波文庫)/正岡子規
   いろいろな感想はあると思います。
   しかし明治の"漢"を"必ず"垣間見ることができます。