FC2ブログ
猫とワタシ

Rock hard, ride free!音楽と自転車と本たちと・・・

Everyday is a good day to be alive with Pata's Roll!

from 2014.10.16 count started

この記事のみを表示する白い一日

雑感

真っ白な陶磁器を
眺めては飽きもせず
かといって触れもせず
そんなふうに君の周りで
僕の一日が過ぎてゆく・・・

中学校の頃、友人がギター片手に歌ってた曲です。
歌詞が印象的で、つい何かの拍子に思い出す。
(陽水の曲って言ってたかなぁ)。

今日は・・・少しだけ・・・眠い。
誰かからの便りが欲しい秋の一日。

寒そうになったエッジ しばらく世話になるぜパール
ある事情で、エッジはこの寒空に衣替えする破目に。
パーツをはずしたロードバイクは軽いけど寒々しい。
しばらくはパールの世話になりまする。

お向かいの渋柿 しーちゃんの夕寝
お向かいの渋柿の実がたわわに。渋柿でもカラスたちは
やってくる。邦さんが観劇にでかけてしまい、夕寝の体制
に入ったしーちゃん・・・おい(笑)!

今日の一冊『にがくてあまい11/小林ユミヲ
スポンサーサイト



この記事のみを表示するモードはそろそろ冬の朝

自転車

北区上賀茂に住んでいたころ、冬の朝はミニクーパー
の暖機運転からはじまりました。OHVエンジンにマ
フラーをイジってましたから、ご近所を気にしつつ・・・。

いまやクルマもバイクもオートチョークの時代。
チョークって言葉自体、教習所で聞くだけでしょう
から、暖機運転なんて、クルマ好き、オートバイ好き
でなければしないでしょう。

さて、ジテツーのエンジンである私の暖機運転は必須。
墨染を出発し、伏見稲荷辺りで暖まっていたのが、
東福寺、智積院、知恩院と延びます。途中、信号待ち
すれば暖気のやり直しですから参ります(笑)。

おぉ、もちろんワンコに暖気運転は不要!
お散歩は玄関を開けたところから全開走行です。
夏は"寒気"運転が必要ですけどね(笑)。
バリバリ伝説 よーなし

今日から、七十二候は「霎時施(こさめときどきふる)」。
小雨・・・変りやすいものの例え。いえいえ、小雨はさっと
降ってさっと止むのですよ。すぐ晴れます。
まぁ、旬の洋ナシでも食べてゆったりと・・・。

この記事のみを表示する寒い季節に向かう道すがら

雑感

・・・にも、美しい日本語がたくさん落ちています。
例えば「寒昴(かんすばる)」。読んで字の如く、
空気の澄んだ冬空に瞬くオリオンのことですが、
片仮名書きより風情を感じますね。

「山茶花(さざんか)」は単に花の名前ですが、
あてられた漢字とその語感に、ひんやりとした空気
と目の端をかすめる"紅"が思い浮かびます・・・。

先日、「国語」以外に「日本語」の授業を取り入れ
た自治体があるというニュースを目にしましたが、
とてもよいことだと思いました。そのことが「右傾
化に繋がる」なんて短絡的です。
自分たちの文化を理解し、誇れないものが国際化
とは片腹痛し。美しい日本語を使い、かつ英語を
はじめ語学に堪能な方をたくさん知っています。

今日も京都市は秋晴れ。ですが夜には雨になる
そうです。久しぶりのお湿り。朝のジテツー、ほお
がカピカピになる季節になってきましたぜ(笑)
カピッ
よい一日でありますように。

10/28 追記>
知り合いの方が、試験に合格されました。
やらかしの就職試験といい、朗報は気持ちが明るく
なります。それにしても、邦さんの「努力する人を
後押しする」お守り効果は健在!さて次は・・・。
意外なお守り 意外なお守り「バリィさん」

この記事のみを表示する霜は降らねど風強し

雑感

・・・の一日でした、今日の京都市。

北から南への吹き颪しで、いつものコーヒー豆を買いに
行くのも難儀。このお店、年がら年中オープンカフェで、
夏はクーラーなしだし、冬はストーブくらいあったかな(笑)。
まぁ、商売っ気ほとんどなしですが、おいしいコーヒーと
食べ物を、安価で誠実に提供することにかけては無敵!
ご主人は、テイスティングの認定マイスターなのに、薀蓄
を垂れない。夏の間、日除けとして世話になったゴーヤを
そろそろ仕舞うのだそうです。えぇ感じですな。
coffee山川店内からパールを バリ神山ハニー! 下御霊さん
今日はいつもの豆に加え、"バリ神山ハニー"を100gだけ
お試し購入し、近くの下御霊さんに寄って帰宅。

家では、この夏ずっと椿たちの日除けになってくれた朝顔を
仕舞いました。しーちゃんはただのお邪魔ムシ。朝顔の蔓を
口に入れてはぺっぺっと。そしていつもの狛犬状態(笑)
朝顔さんおおきに あちきが監督しといたる

この記事のみを表示する付喪神さん、いつか来なっせぇ

雑感

大学3年のクリスマスの夜だったかに「彼女とデート
なんや、代わりに、すまん!」と先輩に頼まれ、堀川
のとある料亭で皿洗いをしました。肩まであった髪を
蓬髪に括り、手ぬぐいでしっかり包んで出かけたのを
覚えています。年末の京都はそれは寒かった・・・。

そこではじめて、漆器はスポンジやたわしでなく布巾
で丁寧になぞるように洗うこと、水気をとるのもやは
り目の細かい布巾で三度拭きすることを教わりました。
そうせねば光に透かすと判る小キズがつき、調光した
"はず"の灯りの元で、料理の色が曇るのだとか。
祖母が正月のお重を洗うのに、叩いて柔らくした藁で
洗っていたことの理由を、その時知ることになります。

実家から唯一持ち帰った"本漆"の器。
中に、小皿が六枚入っています。漆が厚い。
本漆小皿椀 小皿たち
こっちは、邦さん念願の"サンマ一匹が載る"長角皿。
秋刀魚皿
「人も道具も納まるべきところに納まる。逸りなさんな」
とは山折哲雄先生にいただいた言葉。故に我が家、否、
私に立派な道具は納まってないのだと思います。それで
よいのです。いつか何かが納まるでしょう(笑)。
少しずつ
白川通の街路樹・・・奥の方の樹が紅葉をはじめました。
朝のジテツー、信号待ちで身体が冷えるのが早くなった。

10/24 追記>
本日より七十二候は「霜始降(しもはじめてふる)」。霜には
程遠い気候。昔の京都はもっと寒かった。あ、霜は"降る"
ものじゃない・・・なんてヤボはよしましょうね(笑)。

この記事のみを表示する闘う季節

雑感

秋・・・穏やかでゆったりした季節ですが、スポーツであれ
勉強であれ、就活であれ、実は来年のハレを掴むための
闘いの季節でもあります。冬に向かい釣瓶落としに時間
が過ぎゆく"秋"こそ、一番過ごし方が難しいと思いますね。

格闘技を少しかじってた私・・・実は『修羅の門』って作品
がバイブル(笑)。挫けそうなときに随分と助けてもらい
ました。かつて背中を押してくれたいくつかのセリフを、
今まさに闘っているみなさんに・・・。
Stand an' fight, all the brave!
----------------------------------------
勇気なんてものは人から与えてもらうもんじゃない
自分の中からしぼりだすもんだ・・・おぼえとけ

戦うってことは恐いってことだ。
そしてそこから逃げないってことだ

ボーイのハートはいつだってベアナックルだもの
STAND AND FIGHT 立って、そして戦いなさい

「戦う」って言葉はいつだって自分自身にしか使えない
----------------------------------------
阿修羅像 泣いているのか笑っているのか

あ・・・ちなみに、息子「九十九」はこのマンガの主人公
陸奥九十九から頂戴したのではありませんぜ。99%の
努力を怠らない人、九十九髪からきております(笑)。

この記事のみを表示するそろそろ支度なさい

歳時

今年は訪れが早いかもしれませんね。
今日の二曲
ノクターン第二番/ショパン/フジ子・ヘミング
エテュード第三番 ラ・カンパネラ/パガニーニ/辻井伸行

自分の住んでいる近所に、おいしい食べ物屋さんや
気の利いたお店があるのはとてもシアワセなことです。
徒歩でも自転車でもブラっと訪ね、よい時間を過ごす
ことができますから。京都市内であれば、やはり中京
は烏丸通を挟んだ南北の各通り、左京区下鴨本通沿い、
東山八坂さんの袂あたり、食べ物に限定すれば荒神口
周辺の河原町通がそうでしょうか(あくまで表通り・・・)。

この年になって、邦さんが開拓したお店や、友人・知り
合いに紹介してもらったお店に足を運ぶようになりまし
たが、昔は店舗や通りの風情、佇まいだけ楽しんでい
ました。眼福で十分満足するタイプってことですね。

今日から七十二候は「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」。
きりぎりす(機織虫)が戸口で鳴く季節です。虫の音は
秋の深まりを告げ、冬支度せよと囁きます。
残念ながら、いまやバッタが戸口になぞいたら、悲鳴
をあげる人の方が多いのかもしれませんね。我家は
やらかしと私は大丈夫だけれど、邦さんと息子はダメ。
一方、Gを退治できるのは邦さんのみ(笑)。

すでにわが物顔 ビロードのバラ
去年の今日・・・しーちゃんはすでにわがもの顔で
この態度。ベルベットのバラは僕が一番好きな花で
"るー"のため。一年以上飾ってないことになるなー。


この記事のみを表示する食は虚心に楽しむべし。

おでかけ

数ヶ月に一度の贅沢。久しぶりに荒神口の"つづき"
さんで夕食。本日もおいしい料理を堪能いたしました。
カウンターにはこんな置物が置いてあります。大将、
奥さん、二人のお子さんの干支なんでしょうね。
家族の干支

せっかくの時間だったのに・・・
文化人だか、先生だか、医者だか知りませんけど、カウ
ンターに陣取った5人組がひどかった。自慢話とよいしょ
でうるさいのはまだよい。他の店の評判を大声で語りだす、
せっかくの料理をたくさん残すのを見ていて、怒髪天を衝き
ました。あんたら礼儀を知らんのかい。難しい作法ちゃうで。
一生懸命努めてる大将に対する人としての心遣いのことや
・・・情けなさ過ぎやろあんたら。

食は虚心に楽しむもんや 食に礼と感謝を忘れたらアカンで。
お色直ししてん せや。ありがたい思わな。

んー、反面教師、反面教師。
自分のこととして自戒せねば。

この記事のみを表示するいつか「格好よすぎ」と言われて

雑感

・・・みたい。ん-難題であろうな、やはり(笑)。

マイ・インターン』という映画を観た周りの女性達から
「ロバート・デ・ニーロがステキだった」って感想を聞き
ます(邦さんもそうだろうな)。ストーリー自体、女性が
共感できるものなのだそうです。男目線からだって、デ・
ニーロの懐の広さ、深さ、粋にはうなっちまいます。

齢を重ねてあんな漢(おとこ)になりてぇな、と思わない
ではないですが「懐は狭い、浅い、ヤボ」と今のところ
三拍子揃ってるので、ちとないものねだり。

私にとって、デ・ニーロと云えば『ゴッド・ファーザー』。
一番好きな男優はショーン・コネリー。洋画を観るきっか
けになった作品は『ジャッカルの日』と古いです。

秋晴れの日が続く京都ですが、明日(土曜日)は少しぐず
つくらしい。ここのところジテツーに加え、休日もバイク
に乗ってるのでちとお疲れさん。昨日はよく歩いたし。
いつも訪問している居酒屋さんのブログに、脂の乗った
"地の鯖"が入ったってぇ記事が・・・。
男も磨きたいが、その前にまず食べたいな(笑)。
男磨くより食い気

10/17 追記>
あ・・・えぇ天気や。どこが午前中雨やねん。
いやいや文句言う筋合いおまへん。洗濯物がよー乾く。
ほれみーな

この記事のみを表示するあなたが笑っているだけで・・・

雑感

やはりこれは、できるだけ多くの方に・・・ぜひ観て、
笑っていただきたい。
   岐阜県関市』PR 抱腹!
   大分県温泉街』PR 絶倒!

大袈裟な話になりますが、人間それぞれの場所で、
それぞれの立場で精一杯生きてる・・・そのことを
微笑ましいとか、美しいとか感じる心は忘れない
ようにしたい。出会ったときと、分かれるときで
その人物の心根は伝わってくる・・・ものです。
「人生はつかの間の祭。せめて人を愛せよ。」
んー誰かが歌ってました。そのとおりやー。
英国生まれのダンディズム?
今日から七十二候は「菊花開(きくのはなひらく)」。
説明の必要はありませんね。いよいよ秋本番です。

10/15 追記>
仕事で京都市北山にあるノートルダム女子大学まで
出向きました。北大路廻りで北山までてくてくと・・・。
バスの便数や乗ってる時間を考えたら、歩いた方が早い。
バイクはもっと早いけど、ス-ツに革靴でってのは美意識
が許さん(笑)。かつてハイソで、お金持ちのボンしか近寄っ
てはならなかったこの大学は、今は"ギャル大"と呼ばれ、
フツーにジャージのお姉さんも闊歩しておりました(笑)。
ギャル大キャンパスは美しかった

この記事のみを表示するまどろみの昼下がり

雑感

この秋口、見事に咲き誇った"Brave Blossoms"
に心からの尊敬と拍手を!久しぶりにスポーツで
目頭が熱くなりました。

・・・・・・
煌くような陽の光の中を、軽やかに渡ってゆく風。
熱くなった日の昼下がりは、本を読んでると不覚
にも眠りに落ちそうに・・・。よい秋の一日です。

お彼岸から先週末まで、お供えの仏花がとてもよく
もったので機会を失っていましたが、今日は久しぶりに
新しい花を買ってきました。その道すがら"るー"が2歳
くらいまで散歩していた墨染の疎水沿いをぶらぶらして
ると、数匹の子柴に出会う。あの子達は鼻の周りの"黒"
の入り方で、ほとんどドロボー顔になるな(笑)。
疎水の煌き

しーちゃん、久しぶりにブラッシングしたろか。
あ・・・寝とるし(笑)。
君らもやっと午後にまどろめる季節になったなー。
午睡・・・


今日の一枚『All Our Yesterdays/Blackmore's Night
今日の一冊『応天の門4/灰原薬

この記事のみを表示するあ、あれ?疲れてる

雑感

・・・やん・・・オレ。

今週は精神的にハードでしたが、身体の方もちと疲労
が溜まってたようです。けれど朝顔たちは10月に入った
というのに最後の花を毎朝咲かせています。葉も蔓も
枯れていく一方で、花が咲く・・・生命の受け渡しです。
今朝も また一輪

秋の○○が終わったしーちゃんは、平常運転再開ー。

彼女は○○中、とにかく甘ったれで「人(ワン)恋しい
がな~!」とすぐ鳴きます。なので始まりと終わりが
とてもわかりやすい。るーちゃんが10年と11ヶ月の間
にほんの二、三度しか鳴かなかったことを思うと・・・
あんたやっぱりお嬢やなー、ほんま。
よー寝れるわ、秋は。

今日の一枚『Hot Streak/The Winery Dogs
今日の一冊『僕らはみんな河合荘 7/宮原るり
「麻弓さん・・・ホンマえぇ女や。君に幸あれ!」

この記事のみを表示する思いがとどかない

雑感

七十二項は「鴻雁来(こうがんきたる)」となりました。
雁(かり)の枕詞は「遠つ人」・・・つまり遠く北の方
から冬鳥が渡ってきて、菊が咲き、虫たちが鳴き始める
ころ・・・の意です。

人に何かを語って理解してもらえない、あまつさえまっ
たく思いもよらない反応が返ってくるのは、日頃の信頼
関係が希薄であったり、嫌われていたりするからだと思
います。ここ数日はそんなことが続き、少し気が滅入り
ました。昔から意匠として、また生き方として『流水』
が大好きなのですが、なかなかそのような心境になるの
は難しいですね。心がすぐにトゲを立てるから、引っ掛
かってその場に留まってしまいます。
流水 一 流水 二

そういうとき、必ずと云っていいほどとても暖かい写真
に出会うなぁ。つまらぬものが解けていきますねー(笑)。
寄り添う 一 寄り添う 二
(お借りしました)

今日の一冊『三月のライオン11/羽海野チカ