FC2ブログ
猫とワタシ

Rock hard, ride free!音楽と自転車と本たちと・・・

Everyday is a good day to be alive with Pata's Roll!

from 2014.10.16 count started

この記事のみを表示する秋支度

雑感

流石に同じパターンを三度使うと「たわけものぉ!」と言われ
そうですが、今月はあと一回いきますよ(笑)。

本日30日は大安。旧暦の7月17日です。お馴染みの七十二候では
「天地始粛(てんちはじめてさむし)」と云い、ようやく暑さも
おさまるころって意味。ここまで来ると秋はつるべ落とし・・・。
    空気が澄んで、遠くの景色がくっきり見える。
    空は高くなり、音もはっきりと聞こえてくるようになる。
鎮守の森が浮かび上がり、秋祭りの太鼓や鉦の音が響くのは
そういう理由からです。まだ8月だから、もう少し先ですけれど。
むらまつり 新人君 美人やろー

しばらく雨だそうですが、新人君は調整を終えてデヴュー待ち。
しーちゃんは夏のダイエットでいっそう美人(細面)になった。

昨日は邦さんの発心で、木津川市の『蟹満寺』に詣でて来ました。
私たちの友人の腰が回復しますように。
世話になった叔母の足腰が、少しでも楽になりますように。
蟹満寺

今日の一枚『Usa - 40th Anniversary Edition/King Crimson
スポンサーサイト



この記事のみを表示するGo ahead!

自転車

ジテツーで、汗が噴き出しはじめるポイントが変わってきました。
少しずつ秋に向かっていますね。今朝はじめて、散歩している
ハスキーに出会いました。レアな犬種になってきたなーと実感。
あ、兄弟ぇだ

ダイエットではじめたジテツーではないのですが、最近バイクと
シルエットが一体となった細身のおにぃさん、おねぇさんを見か
けると、「いいなぁ、あれ」と思うことしばしば。以前の記事で
「おう、にぃちゃんええモモしとるのぉ。」って声かけられると
書きましたが、乗れば乗るほど太ももがでかくなる。もちろん
ロングライドじゃなくてスプリント的な乗り方してますから、
そうなって仕方ないのですが、んー不細工やわ、オレ。

わが子たちよ、気をつけろ。
いつ遺伝子が顔を出すかわからんぞ(笑)。

今朝、走りながら浮かんできたのはこの曲。
あなたを愛したいくつかの理由』。オリジナルは実妹と歌って
いて、別れの歌ですが、暖かさと力強さが沁みてきます。
昨日は『Livin' On A Prayer』でした。
オレたちに勇気をくれ!


<8/29追記>
やらかし大王が第一志望の内定をいただきました。
難関の試験を無敗でかいくぐったことに、もちろん驚いたけれど、
それ以上に最後までブレなかった精神力を、親父は誇りに思うぞ。
そしてとても申し訳なくて言い難いけれど、東日本大震災の只中に
いたことが、君を育てたんだろうと・・・。あと、るーと、じぃと、
ばぁもあっちから応援してくれたはず。おめでとうさん。

この記事のみを表示する傾向と対策

雑感

24日の記事の最後に掲載した「夕陽を見つめるワンコ」が好評でした
ので、追加サービスです。「ワンコは背中が一番」だよなぁと勝手に
思う今日この頃。まぁ、しーちゃんに「抱きっ」をやると「やめんか、
ごるぁ!」になります。涼しくなってきたら、元の彼女でしたわ(笑)。
背中

数日前、新しいバイクを入手しました。
ブリヂストンの「アンカーPA3」と云う、ロードバイクに近いジオメトリ
(フレームの構造寸法)を持ったシングルスピードバイク。これまでも
「サフラン」や「青の6号」があったのですが、ロードバイクと比べ、
気楽だけど、体調によってものすごくしんどい。ヘタレになりました。
あ・・・結局、手元に残っていくバイクは全部アルミフレーム。
踏んだだけ進むというタイプ。やはり性格が反映してる(笑)。
新人さん 近影(笑)

バイクに限らず、人づきあいの傾向にも最近気が付きました。
どちらかと云えば「fun」よりも「interesting」を重視したつきあい
を求めてるんだなと。"自分にとって"興味深い(を惹く)人・・・。
一方、自分が相手にとって興味深い人間かと考えてみると・・・
うーん「ダーク」やんか。いかんなぁ、ガンバリマス(笑)。

この記事のみを表示する今日(8月24日)は

歳時

・・・大安。旧暦の7月11日です。

七十二候では「綿柎開(わたのはなしべひらく)」の日。
「処暑(暑さが止むの意)」の初候で、二百十日が近づく頃です。
京都は30度を超えてますけど(笑)。この時期から晩秋にかけて
綿の果実は成熟し、所謂"コットンボール"になります。
綿の花 綿の実

「おいおい、ネタ切れかい!8月18日と同じ構成やんか。」
いえ、偶然ですよ。記事を起こすきっかけが違いますがな(笑)。
昨夜、台風情報を観ていて「そうか、そろそろ二百十日か。そう
すると今回の台風は、それほど季節を違えてないな」と一人ごち。
二百十日というのは、立春を起点にして210日目をいい、この前後
が台風"アタリの日"というわけです。

二百十日』といえば、夏目漱石の小説にまんま同じタイトルが
あります。『野分』の方がよく知られているでしょうか。「豆腐屋
の癖に西郷隆盛のような顔をしている」といわれる自分と、圭さん
と、後には碌さんも加わった"会話だけで構成"されている小説。
最後、二百十日の台風に出くわして・・・という内容なんですが、
これがなんともおもしろいのですな。落語好きならどんぴしゃ。
秋口の読書にぜひどーぞ。

綿毛(いただきもの) しかし・・・綿毛と云えばやはりこの子たちぞな。

この記事のみを表示する秋風とはいかないが

歳時

週末は、少し暑さが戻っている京都です。
それでも風は、熱風→温風くらいにはなった気がしますね。

「なんかPataさんって信心深いって感じですよね。」って言われる
ことがあります。たまに抹香臭い記事を書くからでしょうかね。
前回のオカルト(ちがうけど)っぽい記事も影響してるか(笑)。

まぁ、毎晩寝る前に神さんと仏さんに手を合わせるくらいはします。
けど、所詮は親父たちの見よう見まね程度の信心です。ただ、ガキ
の頃から「目に見えないもの」に対する畏怖の念だけは一端に持って
いたようで、自分の子どもたちにも「そこは忘れんな」と思ってます。

あるお坊様の法話で「ご先祖を敬いなさい」とはおっしゃらず「人間
は忘れられたとき本当の死を迎えるのです」と伺って、思わず合掌
したという経験があります。あまり人の話を素直に聞かない(笑)
ひどいヤツなんですが、この話はストンと胸に落ちました。

今夏の暑さがこたえたのか、相変わらずしーちゃんはばてばて。
けれどたまに思い出したように腹筋(!)をやってますぜ。
これがワンコの腹筋やでー 咲くようになった
つぼみのまま枯れることの多かった切花も、開花するようになり、季節は
確実に移ろってます。本日は遅ればせながら両親の新盆法要を行って
参ります。帰りに『千本ゑんま堂』にも寄りましょうか。
千本ゑんま堂

この記事のみを表示する多情仏心

雑感

子どもの頃から寝つきが悪く、眠りが浅い性質なのですが、年に
一、二度抗いがたい睡魔に襲われることがあり、そんな夜は必ず
"茫々と果てしなく墓標が並んでいる光景"を夢に見ます。

眠くてたまらないときは「あちらの世界から呼ばれてる」なんて
よく云われますが、懐かしい再会をしたことは残念ながらなく、
とにかくモノクロームの世界に墓標だけが延々と(笑)。

京都の地名で「○○野」と呼ばれる場所は、かつて葬送の地だった
ことはご存知だと思います。
    鳥部野(とりべの)は東山の清水寺付近。
    蓮台野(れんだいの)は北区船岡山の千本釈迦堂付近。
    化   野(あだしの)は右京区嵐山の化野念仏寺付近。
京都の三大葬送の地で、平たくは『野晒(のざらし)』地区ですな。
落語にもありますね。寂々としてますが、風情は十分感じます。
清水寺 千本釈迦堂 化野念仏時
そして内裏から見て鴨川が現世と冥界の境界。あ、オカルト話
してるんじゃないんですよ。冒頭の夢は、おそらく化野念仏寺の
風景が基調になっているのではないかと思うんです。私たちが
日常過ごしている場所も、遠い昔はさまざまな生と死の物語が
交錯していたはず。そう考えるとロマンティック・・・でもないな(笑)。


 前のめりのまま 無造作に投げ出された愛が
 季節に追われ ころんだまま
 野晒しになっている 鳥辺野    (『鳥辺野』/さだまさし)

この記事のみを表示する今日(8月18日)は

歳時

・・・大安。旧暦の7月5日です。

七十二候では「蒙霧升降(ふかききりまとう)」の日で、読んで
字の如く「深い霧が立ち込める」様子を云い、立秋の末候(8月
18日~8月22日頃)、初秋にあたります。旬は無花果(いちじく)。
霧の帳・・・こんな感じ。
夜が少し涼しくなり、寝入りばなの扇風機も不要になってきましたね。
京都に限らずですが、今年8月は酷暑でした。お盆も明け、みなさん
体調管理にご留意ください。かく云う自分も思いのほか疲れてます。

Gカレンダー 御仏花
8月のテーブルカレンダーは、"るーちゃんカラー"のゴールデン。
お隣はお下げした御仏花。ほおずきがついています。東京にいたころ、
一度だけ浅草寺の「ほおずき市」に出かけたことがあります。その頃は
観音様の功徳はおろか、行事の意味・来歴すら知りませんでした。
神仏についての中途半端な知識は、かえって不調法と云いますが、
「御縁」「縁日」については知っていると"仏果"を得やすいと申します。

仏果、仏果・・・あ、三浦しをんさんの『仏果を得ず』!
少し前の作品ですが語呂で思い出しました。おもしろいですよー。
文楽絡みの男と女のお話。秋口にぴったり(笑)かな。

この記事のみを表示する京都は五山の送り火

雑感

今宵、数多の御霊が彼岸に帰って行かれます。
生憎の雨模様ですが、五山無事に打ち揃ったようです。
うちは少し遅めに送り火を焚くことに致しましょう。

    帰省した近所の子どもたちの、早朝からの嬌声。
    里帰りした奥様方の、嫁ぎ先に対する愚痴。
    久しぶりに再開した友人たちのハイテンションな会話。
・・・活気とは違う、そんな"煩ささ"が昔から苦手。

昨日(15日)は、恒例のお盆同窓会ライヴ。
場所はおなじみ烏丸五条ですので、入りの前に『コメダ珈琲
でまったり。ここの商品はたっぷりめ。けどお値段リーズナブルで
味にはずれがありません。お腹がすいてたら、バーガー類がお奨め。
こいつは夏限定のプレーンジェリコ。大きいです。
でかいんです

そして今年も、ライヴは無事終了。出演9バンド。懐かしい顔と音。
続けてるってところが大切ですね。こーいーちくんたちに感謝。
ライヴでござる またー
そうそう、またもやしーちゃんが「蚊ぁにくわれたー。」三度目。
どうも目の周りが無防備のようです。寝てばかりだからやられん
でしょうねー。これから秋口の蚊はキツイんやでー。


<8/17 追記>
今朝のYahooで「無音の盆踊り」なる記事を読みました。周辺住民からの
苦情に対処するため、イヤフォンやヘッドセットをつけて踊るのだとか。
騒ぎ過ぎはよくないですが、なんとも風情のない話です。
喧騒を伴うイベントが年中行われるようになり、生活音にメリハリがなく
なっているからでしょうか。しかし、絵面を想像すると・・・恐いです。

この記事のみを表示するお盆前ですね

雑感

・・・友人、知人からのメイルや連絡が一休みしてます。
何より、出勤後に開けてゲンナリする業務メイルが、ほとんど
今はありません。スタッフの半分はもう夏休みでしょうか。

お盆とは何の関係もありませんけど、現在しーちゃんは、お公家
さん状態。換毛するたんびにご面相や色合いが変わるのですが、
今回は"天上眉"がお出ましになって「まろ」に(笑)。
まろ

新盆の今年、上京の文殊院さん(真言宗醍醐派)に両親と先祖代々
の供養を、伏見の栄春寺さん(曹洞宗)に"るー"の永代供養をお願
いします。人ぞれぞれ心身の波長がありますから、ありがたい寺社
や檀家寺であっても、合う合わないがあると思います。

多くの寺社は、訪ねた際、直感的に合う合わないを感じ取るのです
が、「ここ何だろう」と思ったのが『談山神社』(奈良県桜井市)。
美しい神社ですが、学生の頃、ツーリングで通りかかって妙な気分
になりました。後で縁起を知って「あぁ、うちが"藤"に連ならない
血脈だからかな」と思いましたね。神仏習合の名残りが強く、古代
の気配が濃密な神域。感じやすい人は遠景を楽しむのがよいかも。
談山神社

社伝に曰く『国家の危機、国政に不義ある際は、本殿背後の御破裂山
が鳴動し、鎌足の神像が破裂すると伝えられ、古代より数十回の記録
が残る』と。なれば、数十回どころではないでしょうに、鎌足殿(笑)。


<8/13 追記>
今夕、お迎え火を焚いてわずかばかりの設えをしました。
仏壇があるわけではないので、そこは勘弁してもらいましょう。
「四国から京都まで飛んでいくのは大儀なが」って親父の声が
聞えそうです。まだ孫も帰ってないしな。まぁ、そー言うな。るーもおるし。
盆提灯 こんだけやけど

この記事のみを表示する今年も222日が過ぎました。

雑感

夏の「イラッ」No.1は・・・。
「あつー!」と扇風機のスイッチを入れたらコンセントが
抜けてたとき。風呂上りなら尚更で意味もなく八つ当たり
しちまいますな。

さて、きっかけは忘れてしまいましたが、8月10日のことは
なぜかタイトルのように記憶しています。「焼き鳥の日」と
覚えるよりはいいかな。

8月は6日(広島原爆投下)、9日(長崎原爆投下)、15日
(終戦の日)と私たちが忘れてはならない日が多いですね。
何が真実なのか、実体験のない私たちが、歴史を断定的に
論じることは控えたいですが、戦争が「お互いの未来を奪
い合う行為」であることは間違いありません。また、先人
が犯した過ちを正当化しようとも思いませんが、思い出し
ては火がついたようにヒステリックになる人たちとは現在
(いま)を共有できませんし、正直したくありません。

平和に対するメッセージ性の強い世界的名曲と云えば、
ジョン・レノンの『イマジン』。けれど、ヨーロッパでは
こちら『Gottingen(ゲッティンゲン)』も有名です。
良き隣人同士でも、戦争は悲劇と憎悪の連鎖をもたらす。
「ララ・ファビアン」のヴォーカルがすばらしいです。

こんな思索と無関係に、日常は繰り返されていきます。
僕のジテツー、邦さんのトレ、しーちゃんの怠惰(笑)。
平穏無事であることこそ・・・しあわせ。
夏もせっせとトレだわよ あたしゃやだよ

この記事のみを表示するし、しーちゃん!

どーぶつ

・・・と、驚いて声をかけることがこの夏多い。

こいつぁ、ホント「死犬」のように完全脱力でいたるところに転がって
おります。玄関なら直射日光があたらないのでまだよいですが、路地
で転がってる日にゃぁホント慌てますね。挙句、むっくり起き上がって
「なんやさ、うるさいなぁ。暑いねん、あちきは」って態度。
おい、こら。お盆も近いし、兄さんにどやしてもらうで。
今にも・・・ 路地寝(目は開いとるね)

そうです。来週はもうお盆。
本日「麻がら」を買ってまいりました。
えーと、ナスビとキューリ・・・どっちが馬でどっちが牛・・・。
まぁ、気は心。彼岸にいるみなさんは、鷹揚に構えてくれるでしょう。
構えてくれる・・・よ・・・な?
麻がら


本日の納涼は東大寺二月堂の龍神手水。
この水は本当に冷たいんです。あぁ、今更ですが、
暑中お見舞い申し上げます。立秋ぎりぎり(笑)。
龍神手水

この記事のみを表示する豆狸(まめだ)のいなり寿司

雑感

夏の高校野球の開会式・・・偉い人たちの挨拶のなんと実がなく
長ったらしかったことか。炎天下で我慢している高校球児のこと
を少しは考えてあげたらよいのに・・・と思いましたね。

対照的に王貞治さん(現SBH会長)は、足跡はもちろん人格者と
賞賛されているだけあって、始球式の重みを含め、流石だなぁと
感心致しました。何はともあれ、頑張れ高校球児(特に地元出身
者で構成されているチーム)です。

水木と、邦さんはバレェ公演を観に東京へお出かけ。帰り、品川
駅構内の『豆狸(まめだ)』というお店で"いなり寿司"を買って
来よりました。この暑いのに??ってツッコミはおいといて(笑)。
「わさびいなり」「特選あさりいなり」「黒豆狸」の三種類(他
にもたくさん種類があります)。実はこの豆狸、現在阪急が経営
母体ですので関西にも店舗があります。しかし、関東と関西では
味付けと品揃えがちがう。その最たるモンが"特選あさりいなり"
でしょうね。これがうまい(わさびも捨て難し)!
久しぶりにおいしくいただきました。みなさんも機会があればぜひ。
私は京都在住ですが、東京方面の味を推薦いたします。
まめだのいなりずし このおっさんは
♪雨がシトシト(ショボショボ)降る宵(晩)に
   豆狸が徳利持って酒買いに~山焼ける~しし(亥)踊る~♪

祖母も母も、僕がガキの頃こんなんを口ずさんでおりましたな。
だから豆狸を「まめだぬき」じゃなくて「まめだ」と読めるんでしょうね。

<8/8 追記>
残念。初戦敗退。ヒット数は7本と9本でいい勝負。タイムリーの
出た早実、ことごとく併殺だった母校。もう少し接戦になったかも
しれませんし、よく守ったといえるかもしれません。清宮君は打球
が早く逸材だと思いましたが、池田高校がリアルタイムなので・・・。
杉内君、山内君ナイスパフォーマンスでした!

この記事のみを表示するそりゃ夏は暑いに決まっとるがね

雑感

毎日「暑い」ですねー。バイクで走ってる時は"走行風"で汗が
冷えるからむしろラクです。止まるともう・・・(笑)。

昨日、UFOってバンドの『Too hot to handle』という曲を歌いながら
走ってて、赤信号で停まってもフンフンとやってたら、
「(You are) quite absolutely right!(そんとおりやでぇ!)」
って観光客らしき外国人さんに、親指立ててうなずいていただきました。
元歌は「すげーアチチで爆発寸前だぜオレ」って歌(笑)なんですが、
ここ数週間の日本の気候も暴力的なアチチですよね。

こてこてにスポーツやってたころというのは、ぐーすか寝るときゃ
寝てましたが、最近はよく目が覚めます。とことん追い込んでない
のでしょうね。体温調整のできないワンコは舌をだしてハッハして
ますが、これが相当に体力を使い、呼吸器や消化器に負荷が
かかるのだとか。だからしーちゃんは、一日くたっとしてます。
ハスキーに、やはり京都の夏は厳しいですねー。
あつぅー!

クーラーをほとんど使わない我家。僕がキライだからって単純な
理由ですが、うちの子たちは、結果的に同年代の子よりクーラー
なし生活に耐性があると思います。やせ我慢はよくないが、人間
「慣れる努力」も若いうちは必要ではないでしょうか。今の元気は
10年前の貯金で保たれてると思うんですよ。
ひるね (← いまばりゆるキャラ"ばりいさん")
なーんもない田舎の部屋と違って、都会の建物の部屋は
昼寝できる"空間的な涼しさ"がないのかもしれないですねー。