FC2ブログ
猫とワタシ

Rock hard, ride free!音楽と自転車と本たちと・・・

Everyday is a good day to be alive with Pata's Roll!

from 2014.10.16 count started

この記事のみを表示するここで問題です。

雑感

次の文字を並べ替えて慣用句を作りなさい。(ヒント:本当は起きているよ。)
        【ぬ・た・リ・ね・き・い】

あれこれ考えあぐねた痕跡を解答用紙に遺し、ある小学生はこう答えました。
        「ねたきりいぬ」
すばらしい。きっとこの子は「これだー!」と思って自信を持って書いたの
でしょうね。正解は「たぬき・・・」ですが、これは絶対ほめてあげねば。

誤字 その1
「秋も深まり、わが家のも色付いて参りました。」
"きへん"だよね?色気・・・いやいや違うよね?

誤字 その2
「来週は、父の遺産続のために帰省いたします。」
そうかぁ、もめてんのかぁ。頑張れよ。

この3つは手書き(直筆)故のミス。だから久しぶりに"じわり"とくる笑い
でした。ひとしきりおなかが痛くなるくらい笑いましたが「ねたきりいぬ」
はそのあとで少し考えさせられました。「ねたきり」という言葉が小学生
レベルで定着していること、もしくはこの子は「ねたきり」という現実を
見知っているということ・・・ですね。そう思うと、ちと切ない・・・か。

<閑話休題>
これ、昨年末にモルドバのワインほかを贈ってくださった方が、「映画を
観るのは体力勝負なんで、そんときの戦闘用食料だす。」とくれたナッツ。
貸本のお礼でいただいたのだったと思います。
その名も「天使のミックスナッツ」。京都では洛北カナートかコトチカの
成城石井でのみ扱ってるようで、わが家のお気に入りになってます。
とてもおいしい。邦さん、先日5袋も買ってきました。
あー、そうかい。「こいつで呑むでー」の宣言やな(笑)。
天使のナッツ
スポンサーサイト



この記事のみを表示する小ぬか雨降る東山通(字余り)

音楽

バンド練習のある日の朝は、ウォーミング・アップに女性歌手の曲を
口ずさむことが多かったです。ほとんどが小学校4年生の頃に覚えた
歌謡曲。当時、なにげに家で歌っていると必ず親にボコられました。
もうわけがわからず「いつかみとれよ、この雌鳥(めんどり)※がぁ!」と
思ってました。そういうこともあって、Rockに走ったとも言えますか・・・。

雨の御堂筋(欧陽菲菲)
終着駅(奥村チヨ)
同棲時代(大信田礼子)
北国行きで(朱里エイコ)などなど

まぁ、この歌詞・・・そりゃフツーの親なら怒るだろうな(笑)。
こんな古い曲も、今はyoutubeでかんたんに視ることができます。
この時代の方たちは、スタイルもいいしホントに歌がうまいですね。

流石に今は、アン・ルイスでアップすることが多いです。
あゝ無情』とか『Battlefield』などですが。名曲たちです。
このPV、フレディー・マーキュリーみたいですが、アンは昔から
たまに男装でライヴやります。かっこいいですよ、彼女は。

※雌鳥は鳴かない=歌を歌わない=私の家に音楽は存在しなかった(笑)

この記事のみを表示する春はあげもの

雑感

今朝は、この冬はじめてふとんを蹴飛ばしていて
「さぶっ」で目が覚めました。少しずつ暖かくなってきていますね。
通勤のバイクでかく汗の量も、ぐっと増えてきました。
そろそろ、メインバイクに切り替えです。
ぷんすか
玄関先の紅梅・白梅は"まるん"と花をつけはじめ、向かいの家の
生垣では、めじろたちがけたたたましく鳴きかわしています。
あっという間に二月も終わり。菜の花や蒸した新じゃがなどを
揚げ物にした料理のおいしい季節がやってきます。
めじろ

昨夜は寝がけにこんなことを考えていました。
  「男っぽいと"男らしさ"はちがう」
  「女っぽいと"女らしさ"はちがう」
これ、ある方の質問に対する私の回答なんですが、解ってもらえるかなぁ。

春はやわらかなものたちに包まれるよい季節ですが、もの想いも
多くなります(花粉も)。願わくば楽しいもの想いでありますように。
春と云えば"これ"と厚い化粧を落とした"これ"(笑)。

この記事のみを表示するカフェ(Cafe)のこと

雑感

ここのところ、たべものやお酒の記事が続いていますが、「Pataって
コーヒーこそうるさくなかったっけ?」って声がありましたので、コイツ
は少し語りやしょう(笑)。

京都市内では、ELEPHANT FACTORY COFFEE、花の木、六曜社、
狩人(webですぐ出てきます)などよいお店が多いのですが、ヘビー
スモーカーを引退してからは、タバコの煙のない、また強制的な音もない
静寂の中でまったりできるカフェを探してしまうので、のぞいてみても
入ることはあまりなく、今は豆を買ってきて家でゴリゴリ、コポコポが
ほとんどです。豆は7日の記事で紹介したcoffee山川さんの"プレミアム
ショコラ"。ブラジル産の豆で、注文から約30分ほどでローストし、
提供してくれます。おどろきのお値段とおいしさ。一度お試しください。
マイセット(withお気に入りカップ) お気に入りの豆
あと、とっておきのお店として三条河原町の雑居ビル5Fにある"喫茶
葦島
(あしじま)"を挙げておきますね。知る人ぞ知る・・・です。
店主さんのtwitterよい感じです。もしかして私と同門(極真会館)かも。
喫茶葦島

実は大学の4回生の頃と、大前田りんの「崖っぷちカフェー」という
作品を読んでいた頃が、カフェをやりたくてたまらなかった時期です。
昔から私を知っている人は、今の仕事を聞いて驚くことがあります。
「お前って、頑固一徹の職人とか専門家になると思ってた」って。
自分でも道を間違えてるなーと思ってますよ。
けれど頑固すぎて商売にはならなかったでしょうねー(笑)。

この記事のみを表示する食と職

雑感

若い子が「ソムリエ(バリスタ、パティシエetc)を仕事にしたーい」と
話しているのをよく聴きます。

例えばソムリエですが、ある意味"五感+体系的学問"として学ばなけれ
ばならない。人によっては数学や物理より難解かもしれません。
また、語学や隣接領域、嗜好品についての知識や経験も求められます
ので、それこそ一生勉強の世界です。「誰でも"好き"をきっかけに
"エキスパート"にはなれますが、"プロ"となると・・・」と講演で聴いた
記憶があります。立ち居振る舞い、姿勢も重視され、立ちっぱなしの
仕事であることとあいまって腰や膝を痛める職種でもあるようですね。

私がお世話になった先生は、それはかなりの食通でしたが、一度も
薀蓄をお聞きしたことがありません。また食に関わる"解説"も望まれ
ませんでした。お店の人が説明をはじめると、手で制して「素材と素性
だけでいいさね」と。
どのお店でも必ず「よろしくお願いします。」ではじまり「ごちそうさま
でした。」で締められる方でした。感想は、店を出て「滅法うまかった。」
「丹精なしごとだった。」か「これから精進するだろうよ。」のふたつ。
惚れ惚れします。

12月14日の記事でご紹介した河原町荒神口の"つづき"の大将も、取材の
中で「二度来ていただくことは本当に大変なことです。」とおっしゃって
います。真剣勝負。和洋関係なく侠気(おとこぎ)と気風(きっぷ)の世界。
好きですわ。

今日は、日本の美しい名前のお酒をご紹介。キレイです。
ゆめたがえ まれびと くくりひめ
左から夢違(奈良)、客人(石川県金沢)、菊理媛(石川県白山)



この記事のみを表示する気がつけば・・・

おでかけ

親兄弟よりも、邦さんと過ごした時間の方が長くなっていました。
今は二人と一匹。だから・・・これからもよろしく。

いろいろあって4週間ほど遅くなりましたが、結婚25周年のディナーに
左京区岡崎にある"cenci(チェンチ=古びたもの、襤褸)"に出かけました。
昨年12月にオープンしたイタリアンのお店ですが、ランチは2、3月がすでに
一杯、ディナーも2月は一杯で3月があとわずかという予約状況。このブログ
でも何度か紹介したあのイルギオットーネ本店を任されていた坂本シェフの
お店ですから、楽しみにしていたファンがいかに多かったかということですね。

狭い階段を降り、入口から薄暗いサブエントランスを抜けると正面カウンター
席を舐め、右手に開放的な空間が一気に広がります。内装、調度はこだわり
ぬいていて、イタリアの片田舎のレストランに入った印象です。

料理云々のお話しはここでは割愛。もう溢れるほどwebでコメントされています。
お店の雰囲気、サーヴ、食事、ホスピタリティ・・・トータルですばらしかった。
何よりもスタッフが、みなさん楽しそうに働いておられ、そのことがこちらの
気持ちを明るくしてくれます。ステキな時間を過ごさせていただきました。

帰り際、見送りに出てこられた坂本シェフと記念撮影。
記念日なので・・・とお願いすると快く一緒に入ってくださいました。
私が、こういう場でこういうお願いをするとは自分でも驚き。
それだけ、こちらの"しごと"に感動したということだと思います。

ものの理(ことわり)を料(はか)ると書いて「料理」です。
10代から理を求めて研鑽を重ね、若くして独り立ちしたシェフや板さんたち。
客だからこそ、謙虚に向き合いたいものですね。一期一会・・・それは人に
限らず、食材、飲み物、調度すべてに云えることだとあらためて思いました。
そこではじめて「今一度(いまひとたび)」が生まれるのかなと。

お店のロゴ 入口
サブエントランス 店内 若いしハンサムですねー

この記事のみを表示する逝く人もあれば・・・

雑感

2月14日。
世間がVデイで浮かれる朝、SHEENA & THE ROKKETSのVocal
シーナさん(鮎川悦子さん)がご病気で逝去されました。
61歳・・・お若い。けれど熱く駆け抜けた真紅のロックンローラー。
ご主人はこのブログでも紹介した鮎川誠さん。誠さん、まだまだ音楽
続けてください!心から感謝してご冥福をお祈りします。

さて、Vデイとは無関係に、今日も仕事にプライベートに精を出すガッツ
あふれる女性たちへ。日々まっすぐ、真っ当に頑張ってくだされ。
髪かきあげて額に汗してるみなさんを応援しております。
へたれな男なんぞ、蹴散らしたれ。
やらかし大王よ。君もその一人だ、頼むで(笑)。

今朝は雪が舞い、肌寒い一日のはじまりでしたが、部屋の中では先日
いただいた桜が花をつけています。しーちゃんもそわそわしはじめました、
もう2月なかば。明日(日)は晴れるはず。

逝く人もあれば、来る人もあって、
欠けてゆく月もやがて満ちてくる
生業(なりわい)のなかで・・・(防人の詩)

はやざきのさくら 外に出たいしーちゃん

この記事のみを表示するこわいはなし

雑感

10日ほど前の夢です。
-----------------------------------------------------------
「年賀状は書かへんので住所はええでしょ」
「電話には出ないんで、電話番号はいらんでしょ」
  と誰かと会話しています。まぁスマホ見りゃわかるから
  ええかとスマホを見ると、アドレス帳が消えとる。
「わぁ、どうしよ。」
「年賀状があるやん。」と邦さん。
「二年前からウチはメイルに切り替えたやんか。」
 (切り替えてへんし)
「同窓会に届けなあかんわ。」
 (なんでやねん<笑>)
「るー、君やろPCのコード抜いたん。」
 (さらになんでやねん<笑>)
-----------------------------------------------------------
夢って基本的に荒唐無稽なんですが、これはあとあと思いだしてみると
怖い夢やったなぁと思います。おそらく、母の葬儀の際に、親類・縁者へ
の連絡先が判る住所録のようなものが何もなく、困ってしまった体験から
みてしまったんでしょうね。

雷、高い所・・・怖いものはたくさんありますが、人との縁が途切れるのは
怖いし、哀しいですね。一期一会・・・あらためて大切だなと"じんわり"
思いました。

だから生きてる今がすべて。All things are beautiful, but fade away・・・

いい曲ですよ、ホントに。

この記事のみを表示する陽ざしはやはり愛おしい

自転車

本日、書店で笹井宏之さんの本を探していると、部活帰りの高校生
でしょうか、間近に迫ったVデイの話で盛り上がっておりました。

その中の一人が「なんで2月14日がそういう日やの。お菓子会社の
陰謀に決まってるやん。好きな子にコクる時に気にするのんは仏滅
かどうかだけや。」と、文庫本めくりながらぼそっと云うのを聞いて
「君は正しい(どこの子かは知らんけど)!」と思わず拍手しました。
いやぁ、流されないで自分の信念を持つことは大切や、若者よ!

Vデイとはなんの関係もないですけど、昨夜、邦さんが「(母の葬儀の
際)お義父さんが、お義母さんの顔を愛おしそうになでてはったんを見て、
羨ましなったわ。私もその(送られる)方がええなぁ。」と言ってました。
んー、それは勘弁して欲しい。まぁこればかりはそうなってみんと判り
ませんから、せいぜい「先逝ったらすぐ呼んでや」ってなもんです。
女性の場合は「すぐ呼んだらあかんで(そこからが自由なんやから)」
らしいです(笑)。

昨日までとうって変わって暖かかったので、ミニベロ君をシングル
スピードにカスタムしました(ギア8枚からギア1枚に)。やはり
ロード以外のバイクはシンプルがえぇですね。車体も当然ですが
一段と軽くなりました。そうそう、ライブは5月30日(土)に決定。
詳細はまた後日。みなさんスケジュール空けといてくださいねー!

シングルくん いつもの練習場ラウンジ





この記事のみを表示するCollapse(崩壊)

雑感

積み上げた信頼や手にした愛情を、一瞬で失うことがあります。

特別なことじゃありません。どこにでも転がっているお話しですね。
人は「こうだろう、こうにちがいない」という"思い込み(仮定)"
の積み重ねの上に日常生活を送っていますから、信念や信頼のない
繋がりは、容易に瓦解します。

思考停止ですな、今日は。

ずっと"何かに気を遣わないといけない日常"は耐えられない。
つい昨日までは、Train kept a rollin' all night long!が軽快に
頭の中でこだましていましたが、今はこのフレーズがレフレイン中・・・。

I was dreaming of the past,
Why do good times never last
Help me Jesus, show me the way
I can't hold on another day
(David Coverdale "Blind man")

いろいろあるけど

この記事のみを表示する如月会(遅い新年会)

雑感

今日は、バンドメンバー+こーいーちくんの奥様で、できてなかった
忘年会&新年会の代わりの如月会でした(もちろんその前にはちゃん
とバンド練習をしてますヨ)。

あー、しかしまたもおいしいお店を知ってしまいました。

『草庵(いおり)』
中京区麩屋町通二条下ル尾張町210−4‎
075-211-4885(予約がいいですね、やはり)
草庵

安くておいしい。この一言につきます。
さまざまな銘柄のお酒を揃える居酒屋さんではありませんが、
とにかく、食べて飲むには本当によいお店です。魚のレベルが
半端じゃありません。この値段でシマアジ?ヒラメ?こんなに
身が厚いよー、ええんですかぁーって感じです。おもしろかった
のは、ダチョウのカツ。ビフカツみたいでおいしかったですよ。
とにかくこのお店はおすすめ。

それにしてもこーいーちくんのお住まいの近くには、よいお店が
多いです。飲み屋さんだけでなく、コーヒー好きには『coffee山川』。
そのすぐ近くにはドーナッツショップ『ひつじ』などなど。
休日に散策してみてはどうでしょう。自転車でも徒歩でもよし。
うん、やはり京都は自転車ですね。

この記事のみを表示する朝の風景と初練習

音楽

「2月4日から2015年がスタート」ってメイルをいただきました。
ん・・・?今年の2月4日は獅子座が月命加護のはずだが、この方は
おひつじ座だけど。しばらく考えてわかりました。春夏秋冬を一年
とすれば、立春つまり2月4日がたしかに一年のスタートと云えます。
季節まわりの新年・・・とてもキレイな考え方ですね。
節分の翌日が新年と覚えやすくもあります。ひとつ勉強。

如月は、春にきっちり爆(は)ぜるために、ありったけの思いを溜め
に溜める時だと思ってます。三月になればどのように爆ぜるか咲くか
がほぼ見えてしまって、個人的にはよい思い出がありませぬ(笑)。

今朝は仕事の都合で、電車通勤だったのですが、スキニーのデニムを
カッコよく穿きこなしたD社小学校のハンサムな子3人と、帽子から
ローファーまでビシっと制服でキメた子2人が前に立って会話をして
いました。見た目の違いはもちろんですが、会話の内容もルックスに
あわせて違うのがおもしろかったです。同学年なら女の子の方が大人
(おしゃま)と云いますが、このグループは男の子の方が落ち着いて
ましたね。それにしても足長いなみんな。

さて、週末は今年一発目の音あわせです。一月慌しかったので暗譜
どころの騒ぎじゃない。音はとれない、リズムはわからん、ひー!
ライヴは5月末か6月初旬なので時間はありますが、焦っております。
スティーヴン・タイラー?稲葉くん?歌えねーよ、そんなキーで(とほほ)。

ま、でもこの曲は最高のロックンロールなので演るのはうれしいのですけどね。
また決まったらご案内いたしまする。

この記事のみを表示する三つのおひさしぶり

雑感

この冬は、安全を考えてもっぱらサフランで通勤だったのですが、
今朝は我慢できず、エッジ(ロードバイク)の方に乗りました。
やはり、早い、スムース、アドレナリン出まくり・・・。
人間と同じでバイクにも性格がありますね。

さて、私が「底なし沼」と密かに呼んでいる方から昨日、滋賀に本社の
ある「たねや」さんというお店の最中を頂戴しました。十年ぶりくらいかな。
最中と言えば、「外側の皮が口にくっつく」「あんこまるかじりしてるみたい
で嫌」という方も多いのですが、ここの最中は、食べるときにあんを包む
方式。このため、食感がパリッとしてて芳ばしく最高においしい。あんこ
自体も上品でくどくありません。底なし沼さんありがとうございました!
いや、とてもかわいらしいお嬢さんなんですよ(しらふのときは)(笑)。

そして今朝方、数十年振りに、京都は木屋町にあるロックバー"治外法権"
の夢を見ました。タバコの煙と懐かしい顔に混ざって「こいつは一生許さん」
と思っていたヤツが、隅っこで寂しそうにベルモットかなんかを舐めてました。
人を理由もなく深く傷つけたヤツですが、「なんかあったんかな・・・」と夢に
出てくると少し気になってしまいますね。
流れていた曲は多分Bad Companyの" Ready For Love"。

「うらみつらみは一生モン。されどそれとて懐かしい。」
高校時代の現代国語の先生が、奥様ともめたかなんかの後の授業で
言ってたこんな科白を思い出しました。少しだけ同意シマス、今なら。
木屋町「治外法権」