FC2ブログ
猫とワタシ

Rock hard, ride free!音楽と自転車と本たちと・・・

Everyday is a good day to be alive with Pata's Roll!

from 2014.10.16 count started

この記事のみを表示するできれば周りもしあわせに・・・

雑感

先週、新堀川の『サン・マルク』で邦さんとお昼を食べたとき、
両隣りがカップルさんでした。その片方のカップルさんは、お互
いに仕事が忙しく、『久しぶりに会えたねぇ』って感じのお二人。

邦さんはこのカップルの女性が、着こなしといい、話し方といい
サッパリ感満点でお気に召したようです。私の席からその女性
の佇まいは判りませんでしたが、話しかけている様子は、ラフ
ながら耳あたりがよく、男性は心地よさそうに聞いていましたね
Saint Marc サン・マルク(パンがおいしい)

だから何・・・ってとりとめのない話ですが、感じのよい人たち、
というのは、周囲をとてもよい気分にしてくれるものだなぁ・・・
ということ。(逆も然りです。)

こうした好感度はもちろん、人間だけに限りません。
残念ですが、人間の方が今や数が少ないような気がします。
chogenbo3 ちょうげんぼーのつがい(♀♂)
スポンサーサイト



この記事のみを表示するお酒のはなし・・・いまはむかし

雑感

前回(21日)の記事つながりで・・・。

お酒は、よほど体調がよくなければ嗜むことが少なくなりました。
けれど、お酒好きの血が流れてますから、やれ田酒だ、八海山だ、
越乃寒梅だ、エビスだとなれば、その香りに疼きます。
明らかに、この血は大王(娘)が受け継いでいます。
あ・・・邦さんの血を合わせるとダブルだな、こりゃ。やばいなぁ。
MetalーGui ・・・ 夏はMetalな"ぐい呑み"で!

学生時代から社会人若葉マークがとれる頃にかけて、楽しんでいた
お酒が、このスコッチウィスキー『カティ・サーク』です。
グラス片手に咥えタバコ、眉間にシワ寄せお気に入りの本を読む。
懐かしいです(笑)。んが、人に聞いたところ、今やこの酒は"安くて
水っぽく不味い酒"の代名詞みたく云われているらしい。私が嗜んで
いた頃の『カティ・サーク』は、酒屋さんに運よく眠っている在庫か、
古酒流通品でしか飲めないとのこと。

このブログを読んでくださっている、比較的若い(笑)みなさん!
70年代、80年代のこのスコッチは、間違いなく旨かったんどすぇー。

Cutty Sark ・・・ ラベルが今と違います。

なんか"ビー玉ラムネ"が"プラ玉ラムネ"になって、風情も味も落ちた
のと同じだなぁ。よいものが大量生産の波で無くなるのは・・・切ない。

この記事のみを表示する水神様(貴船社)詣で

おでかけ

身体も心も乾ききっているときは、『貴船社』にお参りしたくなります。

有名なお社ですから、ここでくどくどの説明は省きます。
本宮、結社(中宮とも)、奥宮の三社からなるご水神。
龍神巡りの「一の社」でもあります。

貴船社奥宮手水貴船社奥宮奥宮の手水とお社

早朝に出向いても、夏は観光の方々が多く、静寂を求めるには奥宮さま
まで詣でる必要があります。中宮さまは縁結びを願う若者たちや親御
さんが多く、本宮さまは人熱れ(ひといきれ)と嬌声、屋台の匂いで
ちょっと辟易とします。外国から来られたみなさん、若いグループの
みなさん、ご神域での大声はご遠慮願いたいなぁ。

ですので、本当の静寂と御神威に触れようと思ったら、まさに丑の刻に
訪れる必要があるかもしれません(笑)。

なお、このお社は水に関わるお仕事に従事するみなさんの崇敬を集めて
いるわけですが、私は、ときおり日本酒の微かな香を感じるときがあります。
気のせいなのでしょうが、そういうときはとても気持ちが穏やかになります。

昼下がり

しかし・・・このように午前中留守にすると、"お龍様"の「甘えた」全開の
午後が待ってる。牙もますます立派になられて(笑)。

この記事のみを表示するI'm someone, not something....

どーぶつ

犬や猫たちを保護している、あるシェルターのHPのコピーです。
訳さないでこのまま掲載しますね。

日本の法律では、動物はモノ扱い・・・。
傷病や生命にかかわることでも「器物破損」・・・。
また自分たちが愛した子らが亡くなった際は、
公的な手段であれば、ゴミと同じ扱いで
引き取られていきます。

神奈川県動物保護センターの取り組みや、日本と比較すれば
奇跡のようなドイツの、動物の生命(いのち)に対する法整備に
ついて、お時間があれば紐解いてみてください。

こいつなんかも、読んでくれるとうれしいなぁ。
あしたもいっしょにおきようね

動物に関わる、やりきれない、切ないできごとが多過ぎます。
もの言わぬものたちへの愛と想像力を少しでも・・・。

この記事のみを表示する「かまってちゃん」と「わかってくん」

雑感

先日、【Twitterアカウントの削除の方法】を聴かれました。
一通り説明をしたのですが、「気持ち悪いフォローが続いてるから
やめるんです」とのこと。なら解決方法は別にあるけど、まぁいいか。

で、「なんででしょうね・・・」と聞くのでこう答えました。
「これだけ、生活テリトリーや出入りしてるお店がわかるツイート
してて、しかもキワッキワの個人情報の掲載あるでしょ。写真だっ
てハッキリしたのをいっぱい載せてるしさ。Twitterやるんだったら、
そこは自己責任で防御しないと。」

このお話しは、若者の"おふざけ写真問題"と根っこが同じです。
【自分の発信する情報が、自分の知っている世界だけで閉じてる
と「勘違い」している】ってこと。一般に拡まる可能性を想像で
きないのですね。自宅周辺画像まで、知らぬうちに閲覧可能に
なってるご時世なのに・・・(あれはダメだと思いますけど)。

ほっとけ

ちなみに私は、どう使えばよいか想像できなかったし、自分が誰を
フォローし、またされているか芋蔓式に判る仕組みというのがイヤ
だったので、アカウントはすぐ削除しました。自分、粗忽なところが
ありますから、第三者に迷惑をかける可能性があるなぁ・・・と。
Twitterを上手く使っておられるのは、商売をされている方とか人気
稼業の方とか経営者でしょうか・・・。難しいツールですね。

そ・れ・に・し・て・も!
「かまってちゃん」や「わかってくん」がこれ以上増えたらどーすんだろ・・・。
外で遊べよー!
汗かけよー!

この記事のみを表示する勿忘草(ワスレナグサ)

雑感

メールって、「もらう方が『気にかけてもらってる感』が高い」ので、
来ると嬉しいです・・・という後輩がいます。

以前の記事にも書きましたが、私はやりとりを楽しむことができ
れば十分ですので、振り出しは気にしていなかったのですが、
なるほどそういうものかもしれません。懐かしい人から連絡が
来れば、何とはなしに嬉しいですからね。

時候の挨拶やメイルをしたり、情報を流してる方々は、結局自分や
家族にとって、「友人」「親しい人」「お世話になった人」です。
その総数で云えば、多分一般家庭よりずーっと少ないのではないか
と思います。

だから「こちらからそういう方々を積極的に忘れる」ってことは、
ないです。12日の記事みたいなことがないかぎり(苦笑)。

勿忘草 ・・・ 『勿忘草』ってこれ(水際でしか見かけない)

むかし、これが現物や絵葉書で送られてきた男は、ビビッたらしい。
身から出た錆・・・って感じですね(笑)。

2014.7.13

この記事のみを表示する書店って・・・

読書

ぶらぶらしていると"タイトル買い"、"表紙買い"、"装丁買い"の
衝動にかられます。たいていはぐっと堪えるのですが、やはり
たまーに・・・やってしまいます(7日の記事参照)。
そしてそうですね、8割方は後悔します。

文庫ならともかく、単行本ですと泣くに泣けず、コミックスは更なり。
結局はAmazonやヤフオクで売却となります。
出たら必ず買う、と決めている作家やシリーズもの、お気に入りジ
ャンルを除けば、ご新規さんで「よかったー!」は少ないですね。

そんな"トラップ満載"の書店は『伏魔殿』以外の何ものでもない!
そこを休みの日毎に徘徊してしまうワタクシですが、動物写真集、
動物ブログ集だけは、「かわえぇ!」と思っても手を出しません。
実際に動物に接するリアリティには、どうしたって勝てませんから、
このジャンルだけは安全(のはず)。

だが、『猛禽類のキュートな生態集(食事風景除く)』なんて出たら
どうしよう・・・きっと落ちるな(笑)。

chogenbo.jpg 大王(娘)の研究対象『チョウゲンボウ』

2014.7.13

この記事のみを表示する兎角に人の世は住みにくい(わけじゃないが・・・)

雑感

『他人を褒め過ぎる人間』を、簡単に信用してはだめです。
褒めながら近づいてくる人の心情について、もう少し慎重に分析しなさい。
君は・・・、人を信用し過ぎだ。

37,8歳頃にいただいた助言ですが、今更ながら「至言」でした。

ちょっとしたことから「あぁ・・・この人、そー思ってたんか・・・。」
と発覚してしまうことがありますね。
こちらが「友人」「親しい仲間」だと勝手に思い込んでいただけで、
実は一方通行・・・って場合があるようです。

"情に棹さして流されている"つもりは毛頭ないのですが・・・。
kusamakura-soseki.jpg
しかし、それもまぁ仕方ありません。
「信用したのは自分」ですし、
「信用できる」と思える瞬間があったのも事実ですし、
そのことに「嘘はない」ですから、
・・・『なぁなぁ』と致しまする(笑)。
しゃーない  歳を重ねるといろいろあります・・・な。

この記事のみを表示する王様の耳はロバの耳ぃ!

雑感

たまに男女の問題について相談を受けます。いや、一方的に聞かされます。
一番ウンザリするのは、『自分の考え方や生活スタイルは変えない。君(あな
た)が変えて(我慢して)。』って結論出してるくせに、「どうしたらいいで
しょう」って聞いてくるケース。これ相談じゃなく、単に同意して欲しいだけ。

だから私もハンで押した回答になります。

「おーとーこならぁ、負けてやれよ、おーんーなならぁ感じろぉ♪」
「おーとーこならぁ、カッコつけろ、おーんーなならぁ見抜けよぉ♪」
(しゃ乱Q「いいわけ」)・・・マジ歌うんですって(笑)。
そやったん?
異なる社会環境や生活習慣で生きてきた二人が、たかだか数年、数ヶ月
のつきあいの後に一緒に生活するのですから、『価値観の衝突』はあって
当然。そのとき、負けてやったり、感じてやったり、カッコつけたり、
見抜いたりできなきゃやってられませんよね。

一方、これから結婚する(つきあう)みなさんは、「好き」だけじゃなく、
お相手さんとの『衝突も含めた、いくつかの生活場面のイメージが湧くか』
を判断の材料に加えてはいかがでしょう。
(不可知のことですから、考えすぎないでくださいね。あくまで直感。)
イメージの湧かないものは、現実にならない・・・ものです。

あとは、日頃どんなにぶつかっていても、いざと云う時、「自分の側(必ず
しも味方って意味じゃなく)」に立ってくれる人かどうか、というのも重要で
『試験に出る』(笑)!

この記事のみを表示する『はらへりあらたの京都めし(魚田南)』

読書

これ、表紙買いしてしまった"京都市の北の方の山ン中の芸大"卒の
新人さんの作品。「表紙買いは(二度と)しない!」と決めてたのに
・・・的な自戒の念とともに・・・書きまする。
京都めし1 京都めし2

マンガとしての風味や完成度は、人それぞれ好みがありますので割愛
します。イラストレーションご出身とのことですから、このブログ風
(絵日記風)な造りも"あり"だと思います。。。

けれど・・・紹介されている料理たちの、肝心の味とか、食感とか、
盛り付けの美しさとかがほぼ説明されていなーい!たべもの系の
本で、これ書いてないのはあきまへんがな。無茶でんがな。
主人公がガバガバ食べること=美味しいことの説明、じゃないっす。

知っているウマいお店(河原町三条のポキートとか)も載っている
だけに、これじゃ読む人に伝わらへんやん・・・と思いました。
ポキート ビアタワー『ポキート』のビアタワー(サーヴァ)

マンガとしてもおもしろく、食べてみたい!と思わせてくれたのは
以下の作品かなぁ。やはり、料理マンガは文化を伝える面がある
から、描く側がかなり勉強しないと難しいですねぇ・・・。

『にがくてあまい(小林ユミヲ)』
『おせん(きくち正太)』

この記事のみを表示するジテツウ・・・は楽し(?)

自転車

自転車通勤に慣れている身には、公共交通機関を使わざるを得ないときが
苦痛で、朝からテンション下がります。往復660円の運賃も痛いのですが、
老若男女関係なく、乗合交通機関(電車・バス)内でのマナーの悪さ、
周囲に対する気遣いのなさは、【自分に実害がなくてもイヤ】です。
なので、ひとつふたつ前の駅(停留所)で降りて、そこから歩きます。
こころにもカラダにもよいし(笑)。

オートバイでのツーリング中、先行していた友人に落雷したのを目の当たり
にした経験から、雷がちょっとでも鳴っていたら諦めますが、多少の風雨
なら自転車を選んでしまいますね。

今、通勤には、7割方この"サフラン"を使っています。
あいしゃ2号
"Tokyo Bike SS"というシングルスピードバイクですが、よく走ります。
色がいいでしょう?イエローじゃないんですよ。
変速機がないので、道路状況に応じてペダルを踏むだけ。その単純さが
朝夜の通勤には気分的にラクです。タイヤサイズは650Cで、重量9.3kg
だから漕ぎ出しが軽く、加速しやすい。ギア比(前後ギアの歯数の比)は
3.0で、巡航速度が30km/h前後。
価格の割りにそこそこのパーツを使っており、自分好みにカスタムしていけば、
よいパートナーになります。片道20km程度の通勤や市街地走行にオススメ!
女性も、少し脚力のある方なら楽勝で乗れますよ。

それにしても京都は、自転車にとって快適・安全とは程遠い道路環境です。
乗る人のマナーが第一ですが、環境もまた人を育てると思うのですけれど・・・。

この記事のみを表示するブログ再開

雑感

・・・から2ヵ月半が経ちました。

「ブログって、読んでくれる人がいないと空しくなりませんか?」
「何かこう、反応がないと寂しいーですよね。」
「FacebookやTwitterと、なんで連携させないんですか?」
・・・ご心配、忝(かたじけな)い(笑)。

たしかにそうなのでしょうが、FacebookやTwitter依存症には、絶対に
なりたくありません。四六時中スマホやタブレットをいじり、「誰かとの
繋がりを」を待ってる・・・、「来たら即、喰いつく」なんてゾッとします。

学生に限らず、無意識にそうなっちまってる人が、かなりいますね。
対面コミュニケーションが少な過ぎるのは・・・、どうなんだろ。
せいぜい、メールして「返事ねぇなー、忙しいんだろなぁ。」てくらいでしょう。

まぁ、人様のことは置いておきます。
実は自分・・・、論理的にものごとを考えるのがとても苦手で、メイルにせよ
ブログにせよ、「書くこと」で頭の中を整理している時があります。
だからこのブログでは、あまり"お役立ちネタ"や"お笑いネタ"はご提供でき
ませんが、読んでくださっているみなさん、これからもどうぞよろしく
お願いします。
まぁせやろね


スマホで読んでくださっている方、段落が崩れて読みにくいのはその
とおりです。申し訳ないです。対処法見つからず×××。