fc2ブログ
猫とワタシ

Rock hard, ride free!音楽と自転車と本たちと・・・

Everyday is a good day to be alive with Pata's Roll!

from 2014.10.16 count started

この記事のみを表示するMy Machine Head

雑感

Fender Stratocaster...通称「ストラト」のミディアムスケールモデル
が、たった1台の自分の楽器だ。指が短いのでノーマルスケールでは
ちと厳しい。レスポールなんて以ての外(笑)。
My Machine Head
そのストラトもたまにスケール練習するくらいでホコリを被ってる。
活動再開!するかなぁ。歌わないと気が狂いそうだもの。

ねこも魔物
ねこやイヌは、音楽鳴らしてても特に反応しないが、一定の
ピッチや音(GとかA)にピクっとするんよね。ネコが躍るって
そういう仕組みをつかってるのかもしれない。なぁ「ねね」よ。

六月の祓えの定番「水無月」。今年も仙太郎謹製のをいた
だきました。黒糖とノーマル...品よい甘さの小豆が絶品だ。
Black & White Azuki!

そして水無月の大晦(30日)の大祓の前に、こうして茅の輪
が立つのだ(藤森神社)。このように輪を囲う結界がきちんと
なければならぬ。最近、どの神社も設置が早すぎるし、結界を
きちんと作ってない。祓っても寄って来られちゃ×なのに...。
これが本物ダ! 結界付き!

今日の一曲『Deep Purple/Pictures Of Home
今日の一冊『じゃ、また世界のどこかで/近藤大真
スポンサーサイト



この記事のみを表示する交差点

雑感

あそこの交差点を右(左)に曲がればよかった......クルマなら
やり直しできますけれど、人生ではそうはいきません。時間を
巻き戻すことはできないし、曲がったあとで後悔しないように、
臆病にならずに....選んで進むしかないのでしょう。

交差点(四辻)ってその真ん中に「魔」が潜むとも云います。
いろんなものが行き交って、すれ違って、思いを落としていく
場所。京都って道が碁盤の目ですから、いたるところに....夏だ。
六道の交差点 方違えの社 城南宮

人は見たことのないものを目にすると、そのサイズ感もぶっ飛んで
荒唐無稽な物体を連想するものだ。昨日の朝、何気に隣家の屋根
を見やると、巨大なケムシがぶら下がってた!......んなわけない。
最近、うちにゴハン食べにくる「くり」ちゃんの尻尾とおしりと後ろ足
だった。我ながら通り過ぎて自嘲(笑)。いかんなぁこのメンタル。
巨大な......!

最近、来るようになったノラの「くり」ちゃん。なかなかに人に馴染む
のが早い。オマケにしーちゃんをまったく怖がらない。しつこいと手
がでるけど、基本フレンドリー。街ねこは最近生き方変えたのかな。
あれ、意外とOKだな

今日の一曲『Rainbow/16th Century Greensleeves
今日の一冊『生物はなぜ死ぬのか/小林武彦

この記事のみを表示する紫陽花づくし

雑感

前回の記事にも登場したが、今年は紫陽花に出会うことが多いな。
移り気...浮気...無縁ですけど(笑)。それにしても京都はまだ梅雨入り
していないはずなのに盛りが早い。晴天下の紫陽花ももちろんよいのだが。
手水は更に満杯に 垣根の大輪がよいね 晴天下の紫陽花もまた

足元に寝ていてふっと目が合うと、ワンやニャーが「怖い」顔をして
いるときがないかい?うちのしーちゃんはとてもよくある。「オマエ
いつからオレのこと見てたん?」みたいな。まぁ、昼寝していると
胸苦しさに目が覚めて「あ、お前が乗ってたんか...」は定番(笑)。
みーたーなーPart2 お疲れ気味のなる

梅雨入りしたのはよいとして、急激に気温が下がってきたよ、京都。
気が付けば、さりげなく人肌もとめてこいつらは寄ってくる。いいぜ、
暖まってぇ行ぅきなよぉ~♪
ぬくいなぁみんな寄ると キミはさりげなくもたれるなー

今日の一曲『Char/闘牛士
今日の一冊『コミックス以外なし...料理すきは「かしましめし」どぞ』

この記事のみを表示する無謀...

雑感

この写真は、故郷の瀬戸内の海を守る今治海上保安庁の巡視船だ。
内海用の船舶であり、高速ではあるが外洋には向かない。知床で沈没
したあの遊覧船は、報道にあるように荒れた外海を走るような船じゃない。
まして万一の浸水を防ぐ隔壁に穴を空けていたなんて、殺人行為以外の
何物でもない。間違いなく人災...海(水)を舐めちゃいけないのに!
瀬戸内を守る

先週やってきたリンゴネコの「ねね」。ストレスを感じることなく
穏やかにウチに馴染んできたな。やさしい先住のぴーともこれこの
とおりのよい感じだ。シアワセにせねばなー。さてさて...。
ぴーとねね

紫陽花苑のある藤森神社は、例年より10日ほど早く、咲き始めて
いて、手水の中もこのようにもう花でいっぱい。京都も今夜から
雨が降り始め、月曜はきついらしい。そんな雨の中でも、紫陽花、
雨蛙、かたつむりはしっかり絵になってしまうね。
手水の紫陽花満開 白はひとしお 紫もまたよし
薄桃もかわいらし 蒼は品あり

今日の一曲『Black Sabbath/Children of The Sea
今日の一冊『子宝船 きたきた捕物帖

この記事のみを表示するいろんなことを受け入れて

雑感

お預かりの保護ネコ「ねね」は、検査の結果、エイズキャリアだった。
発症はしてない。ストレスを与えぬようにして発症を防げば、きちんと
一生を終えることだってできる、ハードルはあがったけど、優しい(辛
抱強い)里親さんを探さねばね。手のかからない、甘え上手なミケ。
そもそも誰が捨てるんだよ...って話なんだけどさ。
アタシはみけなのさ ミカン箱王子

ネコは箱ものが好き。特にうちのピーはダンボールが好き。ちまっと
したみかん箱をみつけると一目散なのだ。ちっ...カワイイやないか。
ミカン箱王子

石田ゆり子さんは、飼っているネコたちに「チュール詐欺」を働く
らしいが、うちの「しー」もたまにオヤツ詐欺に会う。こヤツラは、
手を握りしめて前に突き出すと「何か入っとる」と思うのだな。
騙されんなよ、いい鼻持ってるのにさ(笑)。
おやつ詐欺

アイスといえば、おっちゃんが自転車の荷台につけた冷蔵箱で売りに
来ていたシャリシャリの「アイスクリン」だった。コーンみたいなも
のにヘラで盛って10円から30円。日によって多めにしてくれたりも
したのだ。大きくなっても、ハーゲンダッツとかのガッツリ乳製品は
苦手だ。後口が悪くなるしね。
今日、同じ名前のアイスを買ってみたが、記憶に残る味とは別物だっ
た。自分中の夏の思い出がひとつなくなっちまったようで、少し寂し
かったな。
これはちがうよー!

この記事のみを表示する蚊遣りの季節

雑感

ブタさんが割れてしまったので、蚊取り線香立てを新調した。
お皿に付属の金属製立てを置くのも捨てがたいのだけど、やはり
キンチョーにはこんなのがよく似合う。ベープやワンプッシュも便利
だが、この「煙たさと匂い」が日本の夏なのだよ。
ねこ吉香取 換えマット含め1560円

今年は、地震も多いけどバラの花のつきもよい(関係ないか)。
近所を歩いてると、こんな感じで無造作に目の前に飛び込んでくる。
ついつい剪定鋏をポケットに忍ばせたくなる美しさだ(笑)。
燃えて散る蒼きドナウにぃ

今日の一曲『Girlschool/Running Wild
今日の一冊『あたりまえのぜひたく』...また出るよー。

この記事のみを表示するLa Vie en rose

雑感

バラの花を上手に咲かせるのは難しいそうだ。かつて奥さんが
挑戦していたけれど、思うようには咲いてくれなかったと思う。
一方、なんの手入れもしてなさそうなご近所の庭に、こんな見事
な一輪が...。土なのかもしれない。または相性(家相)かな。
ベルサイユのバラかい? 花よりジャーキー
うちのトウが立ってきた娘も花が好きだが、主に柑橘系だ。そう
いえば菊科の花は食べるよな、コイツ。まぁ食用菊ってあるしね。

雨が続いて気温がぐっと下がった京都。敏感なニャーたちは人肌
恋しいのか、ポジション取り競争を始める。にじりにじりと胸の
位置までせり上がってくるのだが、横入りには指導が入る(笑)。
にじりにじりっと

今日の一曲『Thin Lizzy/Black Rose
今日の一冊『預言者/カリールジブラン

この記事のみを表示する理解できぬ

雑感

人生最後のクルマにしようと、やっと探し出して手に入れた
プジョーS16。走る、曲がる、止まるがリニアにできる走らせて
ホント楽しい相棒だった。ところが、この時期にやってくる自動車
税をみて眩暈が...。そう、登録から13年経過したクルマに課される
重課税で6万に近い金額。ハッキリ言うよ、ちゃんと整備して排ガス
規制もクリアしたクルマになんの落ち度がある。よいものに長く乗り、
スクラップを出さないことも環境対策じゃないのか。こんな施策じゃ
若者のクルマ離れは進むさ。政治屋が、自分たちの利権と高給を国庫に
返しゃ、国民の負担は少しでも減るだろ。「ご理解いただき、ご協力を
お願い申し上げる」って誰も納得なぞせぬわ、ふざけるなよ。
S16の勇姿1 S16の勇姿2 S16の勇姿3

五月のほんの短いときを彩るフジは、あっと云う間に姿を消す。
こちら春日大社のフジも盛りは短い。故によいのだけれど。
ふじの紫は品がよい どすこいー!
大柄なネコは、人間と同じような「肥満座り」をすることがある。
苦しくないのかい。見てておもしろいからいいのだけどね。

今日の一曲『U.D.O./Burning
今日の一冊『さよならに反する現象/乙一

この記事のみを表示する祭囃子

雑感

深草藤森神社の祭が、2年ぶりに神輿の行幸含めて執り行われる
そうだ。コロナ感染高止まりの中だけれど、どのように関わるか
は個人次第...というところか...。流鏑馬神事のある境内に所狭し
と軒を連ねる屋台が好きになれないけど、それぞれに生活がかか
っているし、子供たちの楽しみだからね。
武者の神輿 鳳の神輿

狂おしいほどつつじが咲き乱れてる。白、赤、ピンク...。ただの生け垣が
年に一度脚光を浴びる季節。強い日差しによく映えてる。
つつじ乱舞

5月初日は荒れ模様でしたが、ところにより雨があがり、濡れた緑が
艶やかなり。草生す風情は少しだけだけど、心の棘が抜けるのかも。
大原寂光院...建礼門院の悲哀 三千院阿弥陀堂を臨む...
大原寂光院と三千院阿弥陀堂。

今日の一曲『「いちご白書」をもう一度/松任谷由実』...ナイスアレンジ!
今日の一冊『平城京/安部龍太郎

この記事のみを表示するちちおや

雑感

バンド仲間と家族の話をしていると、娘たちは母親との会話の中じゃ
父親を結構叩いてるよなー...って話が出る。ウチも「おとうさん」が
デフォだが、裏では「おとん」とか「おやぢ」...場合によってはクソ
がついてるかもしれない(笑)。息子とは就職のことで一度じっくり
話をしたことがあるが、娘は...大学受験の際の小論文のアドヴァイス
くらいか。日本人は、きちんと言葉で家族と話をしない民族かもね。

こでまり つつじさつきのきせつだ
トレーニングコースで毎年見かける小手毬。紫陽花じゃないよ。
白が清潔感があってよいです。そしてツツジ、サツキの季節到来。
伏見城内はかなりの量が咲き乱れます。そうクマバチも乱舞。

さみどりにあか しんいりのきり
職場の中庭は、萌えるような緑に赤・白が入り始めた。もうすぐ5月
だもんな。保護ネコ「きり」がようやく落ち着いてきた。距離が少し
縮まったかな...まだまだ少しツメの出たパンチが飛んでくるけれど。

今日の一曲『Scorpions/Dynamite
今日の一冊『花咲小路二丁目の寫眞館/小路幸也

この記事のみを表示する白い一日

雑感

5日遅れて娘から「誕生祝い」が届いた。
家族みなで食せるものなので、ありがたくいただこう。
これからは夫の実家に気を配ることが増えるだろうから、もしか
すると最後の馳走かもしれぬ。それが自然の流れというものだ。
送り状の「新しい姓」で書かれた娘の名前に「ふーん、他家に嫁い
だんだものなー」と独り言ちになる。今年の春は時間の流れが早い。
気を遣わずともよいに
しかし、この「米」にはワクワクしてしまう(笑)。後日談だが、上の
黒船のラーメン、同じ味のはずのスープの一方が異様に薄かった。
当たりをひいたのは貝だしをチョイスした息子。ハズレが奥さん。

土日が雨だと、やはり損した気分になるな。無用の威嚇をするトロ
を叱ったら、顔を隠して「ごめん寝」状態に。いかん、ジュリアーノだ。
トロのごめん寝 ま、まる過ぎるぞ

画面中央やや右寄りに飛行船が見えますか?何年かに一度、
京都上空で見かけるのだが、飛行船を見るたびに「ムーの白鯨
ってアニメと、言わずと知れた「Led Zeppelin」を思い浮かべますな。
wao 飛行船だ

今日の一曲『白い一日/井上陽水
今日の一冊『中世ふしぎ絵巻/西山克

この記事のみを表示するI love you...が言えなくて

雑感

学生たちが通りすがりに話してるのが聴こえてきて、ふとこの
フレーズを思い出した。言葉にしないと伝わらないことと、言葉に
しなくても伝わることとがあるよね。言葉にしても伝わらない場合
ってのがあって、それが諍い...戦争に繋がるんでしょう、哀しいなぁ。

さて、ワンやニャーとは言語コミュニケーションができないけど、
気持ちは伝わってるのかなぁ。たまに心配になる。
何とか言ってくれよ

藤森神社のフジが一気に咲き始めた。この紫は本当に好きだ。
今が盛りのハナミズキは伏見城を背負ってるし、北堀公園の枝垂れは
最後の頑張りを見せてる。春は駆け足で過ぎ去ってるよ。来週は暑いそうだ。
藤森のフジが盛りはじめた ハナミズキが天守を背負ってる 北堀公園最後の枝垂れ

突然で恐縮ですが、自分「お米」が大好きです。
ごはんには「ごはんの友」がつきもので、各家庭、地方で様々な
美味いモンがあるわけですが、外せないのが「漬物」。最近、凝って
いるのが秋田名産「いぶりがっこ(燻り雅子)」。要は沢庵を燻製にした
ものなんですが、これがクセがなくて香ばしい。関西で買うとちと高め
ですが、万人受けする味ということで奥州食品これをお試しあれ。
いぶりがっこ

これも唐突だけど、シニアのシュワッチだ。
シニアのシュワッチ

今日の一曲『井上陽水/氷の世界
今日の一冊『図鑑 心理学~ 歴史を変えた100の話

この記事のみを表示するLINE...

雑感

便利だと思う。メッセージをのせるだけなら無敵かもしれない。ただ、
最近このツール(だけじゃなくSNS全般)に少し疲れ始めてる。本当
の意味のコミュニケーションじゃないことが多いから、過去のトーク
を見直してると、ゲッソリしてしまう。でも、決定的なことは以前も
問題になったけど、サーヴァが日本国内にないこと、その結果、個人
情報が第三国にだだ漏れの懸念があること...だな。若者には笑われる
かもしれないが、そんなこんなで、LINEのアドレスやトーク内容は整
理中なのだ。
なんかちょうだいよぅ
うちの娘とのコミュは簡単。「なでたろか」or「なんか食うか」or「散歩いくか」(笑)。

8℃ほど気温が下がった京都...職場の八重はどうかなー、と思ってたが
うまく開花しているみたいだ。本当は陽の光の中でこそ、このピンクは
薄紅になって映えるのだが致し方ない。それにしてもインスタやブログ
ではこの季節「桜だらけ」だが、ソメイヨシノや枝垂れほど八重は扱わ
れない。十分見ごたえあるんやけどなー。
職場の八重

折上稲荷社
山科にある最古の稲荷社。独特な社は「働く女性の守り神」と云われる
だけあって、どこか優美な感じ。けどお狐様ですから礼を失すると怖いぞえ。
折上稲荷1 折上稲荷3
折上稲荷2 折上稲荷4

今日の一曲『Jet To Jet
今日の一冊『今週はパスしますぅ』

この記事のみを表示する名残惜しや...

雑感

花の命は短いが故にうつくし...なのだが、桜はもう少し見たい
気分のこの春。雨や風にたたられなかったけれど、どこかそぞろ
な咲き方だった気がする。これは山科疎水の桜...川面沿いはやはり
風情があってよい。「身投げの桜」やがて花筏に...。
山科疎水の桜

ご近所の美形ねこを輩出する「みけ」どん。お美しい優雅なお姿(笑)
あいかわらずおうつくしい 何ぶってんだよ
一方、根がヤンキーだとばれてるために、こうしてかわいこぶっても
「ざーとらしい」で片づけられてしまう「なる」。日頃のおこないだぞー。

ソメイヨシノのあとを受けて、八重がほころび始めた。
今年は見逃したか...と思ってた伏見城の枝垂れがまだ散らずに
待っていてくれた。これで今年も、毎年楽しませてくれる桜には
出会えたことになる。来年もよろしくお願いします。
藤森神社の八重はつましい この枝垂れはしぶとい

今日の一曲『吉田拓郎/落陽
今日の一冊『化身の哭く森/吉田恭教

この記事のみを表示するさりげなく復活

雑感

東山から川端に下る冷泉通の桜が、今年も満開になった。
毎年、バイクと一緒に撮っていた風景だが、最近はほぼ歩きなので
構図が結構自由になる。昨年は中止されていた疎水を渡る御座船が、
今年は復活していた。やはりよい風景だ...水面へ身を投げる桜...。
冷泉202201 冷泉202202 冷泉202203

河原町御池にあるホテルオークラ玄関の二本の枝垂れ。去年は
元気がなかったが、今年はしっかり咲いてた。宿泊客がまばら
なので華やいだ雰囲気じゃないが、この二本はシンボルだから。
Hotel おおくら

東福寺は臨済宗の総本山なので、多くの塔頭が境内に点在して
いて、実はそちらの方が興味深かったりする。毘沙門堂で有名な
勝林寺、お不動産を祀る同聚院などなど...。桜はほとんどなく、
秋の紅葉がメインだが、空間が広いので気持ちが解放されます。
霊源寺六地蔵 花まつりの手水
勝林寺のなまずとビシャ 同聚院不動尊
上から...霊源寺の六地蔵、勝林寺の花まつり手水と鯰&毘沙門さん。
同聚院のお不動さんの手水。

今日の一曲『本日、未熟者/TOKIO
今日の一冊『ハロー・グッドバイ 東京バンドワゴン/小路幸也』...待ってました!

この記事のみを表示するまさか...の頻度

雑感

娘は台風の日に生まれた。
息子は阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件のあった年に生まれた。
娘が入籍した日に、主権国家に対する悪魔の軍事侵攻がはじまった。
近頃は、「まさか」の頻度が高まっているように思えるよ。

昨日「何が起こってもよいように備えときなよ」って意味で大事なものを
まとめておくことと、どんな環境下に放り込まれてもやっていけるよう、
何か語学を(日本語以外に)身に付けておきなよ...と娘たちにLINEした
ら「ご忠告ありがとうございます(笑)」と返ってきた。
若い子たちが、いつまでも元気でしあわせであって欲しいと思ったの
だが、うまく伝わらなかったようだ。ちょっと悲しく、少しがっかりした。

勤務先の桜は、週末には八分咲きくらいになるだろう。
山の桜は大きく枝ぶりがよい。春は足早にやってきた。掛け布団の
枚数調整が難しい季節到来だね(笑)。跳ね飛ばして風邪ひく季節。
おーもう少しだで

花冷えの雨の京都。闇にも白く浮かぶ桜は妖艶。毎年のこと
だけど「桜鬼やーい」の世界。今週末は光の中で見ようかな。
闇にも浮かぶ白... 桜鬼が隠れた

寒の戻りで、ふたたび団子状態に(笑)。重くないのかよ。
寒さ再びだんご

今日の一曲『Gary Moore/Nuclear Attack
今日の一冊『そして一本桜/葛城三千子

この記事のみを表示する花は舞う...それは煌き

雑感

毎日、花や空を愛でて過ごせたらシアワセであろうなぁ...と
春になるといつも思う。サクラが日々咲き誇ってゆく様、散って
ゆく刹那...人生まぁ70回以上のチャンスがあるわけだが、未だ
に最初から最後までを見通せたことはない。だんだんとチャンス
は減っているのだ。心して過ごさねばならんなぁ。
伏見区墨染のサクラは、たくさんの蕾を従え咲きはじめてる。
三枚目の写真は、菩提寺にやってくる「サクラネコ」。
2022サクラ3 2022サクラ2 君の名はサクラ

サクラが咲き始めると、居間の窓を開放することが増える。
ネコたちは窓辺から外を眺めるのが好き。好奇心のカタマりだ。
春のうらぁらぁのぉ

春はパ・エ・リ・ア(笑)。最近、スペイン料理にこころ惹かれる。
豪華ではない庶民料理が多いお国柄らしいが、安くておいしくて
元気が出る食べ物ってのがいい。あり合わせで彩り豊かにできる
のもめんどくさがりの自分にはよい。次は肉系パエリアにすっかな。
パエリアじゃよ

今日の一曲『Motörhead "Heroes" (David Bowie Cover)
今日の一冊『おでかけ子ザメ

この記事のみを表示するあと一歩が...

雑感

家に通うようになってたノラのキリちゃん。捕獲、病院送りって二度の
格闘の末、完全に人間不信...になった。ご飯の時だけ暗闇から出てくる
「よくもやりゃーがったな」の目である。こいつぁー長期戦だなぁ。
I'm Kiri もう一歩かなぁ...
ラーメン通ではないが、柿渋を練り込んだという「無尽蔵」って店が好き
だったのに、いつの間にか閉店して「十二分屋」って店に変わってた。
スープ少し脂っこい、チャーシューよし、ネギよし、シナチク変わった
長さだがまぁよし、麺......最低点...小麦の味しない、コシない、食感悪い
...台無しじゃんよこれではさ。ラーメンって麺が主役なんよ。残念だなぁ、
店主さんはこの麺がおいしいと思ったのかなぁ...。惜しいなぁ。

おいおい、本読む邪魔せんといてぇな。まじ腹筋きっついねん。
トレーニングの時間以外は休ませたって、頼むさかい..ってアカンか。
おいおいおい 邪魔スンナや ほん読めへんやん

今日の一曲『YngweiのMr.Big』...すげぇ
今日の一冊『日本書紀に秘められた古社寺の謎/三橋健

この記事のみを表示するよもやの春だ

雑感

おとなりの桜が今年も美しく咲いた。
先の大戦で焦土となった東京の、隅田川沿いの桜は、木肌が
空襲で焼け焦げてなお花を結んだそうだ。戦地の空に花よ舞え。
めぐりめぐりて春 水は法円の器に...
「水は法円の器に従う」...世の理に逆らうことなくあるべく姿に...
の故事だが、人間の業は度し難いものなんだろうな。哀しいね。

養老先生の本はほとんど読んでいるが、いつも心地よい。
それは多分「これもひとつの考え方ですから、取捨選択するのは
あなた自身です」という筆致によるものだと思う。何らかの結論を
誘導しようとしていない...というのが、溢れかえるマスコミ報道の
ミスリードに辟易としてる自分の心に安心感を与えてくれているの
ではないだろうか。ぐいぐい来るより、淡々としている本が好きだ。
養老先生

お隣の早咲き桜はもう散った。代わりに今日は五軒向こうの
同じ種類の桜が満開だ。そこから更に二軒向こうの木瓜の花
も次々に咲いている...春は近い、春は近い、足音が近い...ね。
2件目の早桜 木瓜の花も見事だ

今日の一曲『Warlord/Deliver Us
今日の一冊『地獄の楽しみ方/京極夏彦

この記事のみを表示する前世で...まさか

雑感

これまで、さまざまな地域紛争や抑圧や圧政や虐殺があったわけ
だが、日々の暮らしに影を落とすような鬱屈感は、申し訳ないけど
感じたことがなかった。けれどウクライナの悲劇は、ものすごく心に
ダメージがある。なんでだろう...理由は判らないが、とにかく心配で
たまらない。下世話な言い方で恐縮だが、前世であの地域にかかわっ
てたのかって思うくらいだ。典型的なアジアモンスーン顔ではあるが。

こちら娘が中学まで通ってた伏見区深草にある聖母女学院。この校舎
が重要文化財なのだそうだ。そしてお馴染み伏見稲荷。キリスト教、
日本の神様...とにかく平和な日々を一日も早く...。
この校舎は有名らしい 稲荷の神様よろしく...

疎水沿いの民家の梅がよく咲いている。ここ数週間で一気に。
梅の香はこころが落ち着く。無理強いしない香がステキだ...。
梅は咲いたか桜は やはり愛おしい
二度の出戻り娘「なる」だが、ねこらしいねこと言えるかもしれない。
わがまま、気儘、気分屋、甘ったれ、独占欲...けれど人の顔色や機嫌
を読むのに敏で、「今日はかまってあげられへんよ」というオーラを出して
いるときは寄ってこない。この点お構いなしのハスキーと違うかも(笑)。

「あにさん、ワカメの親分がいない間、ここにいてもええですかね」
「かめへん。ここのおばちゃん、かしわの炊いたんくれるで」
「そら豪気やわ。お相伴させてもらいますぅ」...てな会話やね。
陽だまりの語らい

今日の一曲『Gary Moore/After The War
今日の一冊『図解地政学入門/高橋洋一