FC2ブログ

Rock hard, ride free!音楽と自転車と本たちと・・・

Everyday is a good day to be alive with Pata's Roll!

ねこの日

寒くなると、しーちゃん以上に暖を求めるのがにゃーたち。
少し風が冷たかった本日の京都市...さっそくちびたが昼間
からやってきてゴロゴロしていきました。

何にせよ、動物がこうして穏やかに過ごせるのが、平穏
無事でシアワセってもんですぜ。あ、年寄り発言?(笑)
それにしても、やはりノラの肉球は飼いねこのように
ピンクじゃなくて、黒一色が多いですね。
くーカーカー ノラの肉球は黒い もうちょっと...

添い寝するかい
奥さんのひざに乗り、おろそうとすると「もうちょっとぉ~」とせがみ、添い寝しよる。

今日の一曲
Queen/Roger Daltrey/Tony Iommi - I Want It All
...鳥肌が立つユニット。Thanks Rodger !
12月の三冊
『海街diary(最終巻)』 『3月のライオン14』 『応天の門10』

<鍋たち...>
おでんや鍋って、すぐお腹が一杯になるのと、バランスよく
食べないともたれがちになるので、あまり好きじゃありません。
昆布出汁で品よく(おつゆが透明に)作った鍋は眼福でもあり
ますが、その対極にあるのがカレー鍋でしょうな。スパイシー
においしく作るのはしかし難しい。やはりここでも出汁が
決め手。でなきゃ具の違うカレーだもんね(笑)。
カレー鍋(ナプキン必須)
スポンサーサイト

懐古趣味

11月に入ってからバイクジャージは長袖長パンになり
ましたが、やはり半袖半パンに比べて稼動負荷がかか
ります。引き攣れる感じと言いますか(もちろん競技
レベルの高品質のものなら違うのでしょうけど)。
いつもより職場に5~10分遅く着いてちとストレス。

10年ぶりのインイヤー
いわゆるヘッドフォンで聴くポータブルプレーヤーが
登場した最初の頃は、インナーイヤー型のこのタイプ
が主流だったと思います。音漏れするし外れやすい。
その後遮音性を求めてカナル(耳栓)型イヤフォンが
普及し、私もジテツーの手前、ヘッドフォンは嵩張る
から、もっぱらお世話になりましたが、日常使用での
耳栓型が鬱陶しくなって、そう15年ぶりくらいに戻っ
てみました。中華製なんですが、信じられぬくらい音
がよい。開放感があって、年老いた耳には新鮮でした
とさ(笑)。何より安過ぎ...恐るべし。

今日の一曲
Jeff Beck, Jimmy Page and Flea with Metallica/Train Kept A Rollin'
...Jeffは歳とらないしバケモノだなやはり。
今日の一冊
ANGEL EYES 復刻版 イラストブックBANANA FISH/ANGEL EYES
...Banana Fishに吉祥天女は好きだったなぁ

<橋を渡って>
今治市から私の生まれた島へ(そこも今や今治市なのです
が)通じる「しまなみ海道」です。今夏は事情により帰れ
なかったので、庭は悲惨なことになってるでしょう。
年末には帰って大掃除だぁ。「四国(瀬戸内)はいいです
よね」と云う方も多いですが、生活するとなると、やはり
地方は苦しいのです。もちろんこれは都会の利便性や職に
ありつける環境に慣れた人間の弱さかもしれません。
故郷へ

<今年もはじまった>
しーちゃんの巣篭もり。リスか君は...。
昼過ぎまでぴくりともせず丸まってます。
冬眠ならぬ、秋の訪れを報せる我が家の風物詩(笑)。
もうかよ~

The Days of ハスキー

寒くなってくると途端に動きがスローモーになり、
敷物やトイレシートで作った巣の中で日がな一日
寝るようになる...。ハスキーって寒さに強い活発
な犬種じゃなかったんかい(笑)。

The Days of Wonder...
すなわち The Days of ハスキーってか、しーちゃん。
ストーブ出たーハスの日1
ハスの日2ハスの日3
イクラじゃないよ。かみかみおもちゃ。

今日の一曲『Uli Jon Roth live/Rockpalast 2018
今日の一冊『天空の矢はどこへ? Where is the Sky Arrow?/森博嗣

<天空のトビウオ>
っていうと詩的に過ぎますが、青空を背景に飛ぶ飛行機
はそんなイメージですね。300mmズームでこのくらいの
サイズですから、結構な高度を飛んでいるようです。
で、ワタクシ飛行機には乗れない人です。若い頃LAから
の帰りに恐怖体験をして以来、仕事の絶対命令でなきゃ
自主的に乗ら(れ)ないのですよ。韓国出張でもフェリー
で行きましたからねぇ(笑)。
トビウオ

ほけほけほけ
こいつはトビウオはもちろんお魚くわえない。

神無月が行っちまう

明日から11月かぁ...って今年もあと2ヵ月じゃないか!
激動の2017年、その返しの波でアップアップの2018年。
四柱推命をはじめ「占」どおりの時間を過ごしてるなぁ。
あ...「しいたけ占い」だけは前向きだけど(笑)。

ものごとをより大きな流れの中でとらえられるように
なればよいのですが、どうしても目先のこと、明日、
明後日のことにとらわれてしまいますね、イカン。

わんぱく「てんちゃん」。こんなふうにわしっとチャンスをつかみたいね。
わしっとね なら仏像館
なら仏像館」。奈良国立博物館の中(隣)にあり。よいですよー。

今日の一曲『神無月にかこまれて/井上陽水
今日の一冊『まよいが (えほん遠野物語) /京極夏彦・柳田国男
...京極さんの解釈による遠野物語。このシリーズは好きだ。

<千本通>
堀川通とで西陣を挟む・・・南北に走る京の道のひとつ。
少し寂れた感じというか、烏丸、堀川、大宮、河原町
などの通りの風情と明らかに違う。道幅もやや狭いで
すしね。両親の供養をしてもらったお寺さんが近くに
あるこの辺りを、久しぶりに歩きました。
「悩みや煩悩を抜いてくれる」という釘抜地蔵で有名
石像寺(しゃくぞうじ)。ホンマ抜いて戴きたいモ
ノが多すぎます。しかも近くには閻魔堂もあるし(笑)。
石像寺
地蔵尊や閻魔堂のあるところには猫が多いといいますな。
飛ぼうかなぁ

<CX3>
リコーの多分8年以上前のカメラです。普段はほとんど
絞り優先モードで撮るので他のカメラを使ってますが、
たまにオートでバシャバシャって時があります。オート
主体のカメラでも、リコーのカメラは自分の好みに設定
できる項目が多く、また操作性が抜群なので大好きです。
昨今の製品に比較すると嵩張りますが、ギリで胸ポケット
OKですからね。やはり道具は手に馴染んでナンボです。
リコーCX3 千両かな
るーの菩提寺の「千両」である。もう少し深く色づくよね。

そして白になる...

最初の一、二年を除けば、現在までほぼ「管理職」の
肩書きで生きてきた。若い組織だったから、俗に云う
プレイング・マネージャーというヤツで、誰よりも早
く出勤して遅くまで働き、ともかくガムシャラだった。
これはもう"性分"以外の何モノでもないと思います。

そして今年一杯で、そんな生き方に終止符を打とうと
してる。打てるかどうかは解らぬけど打とうとしてる。

「真っ白に燃え尽きたぜ」などとはまだ言えぬ。
欲がまだまだ燻ってるし(笑)。
東山高台寺 薬師寺東塔

今日の一曲『Free/Wishing Well』...泣けるぜ!
今日の一冊『洗濯屋三十次郎/野中ともそ』...あ、これはイイ

<玄関先>
天気のよい昼前、るーもしーちゃんもよく日向ぼっこを
している。飼主の気持ちが揺れてるときは、なぜかちょ
っかい出さず、寄って来て一緒にぼーっとしてくれる。
なんや...気ぃ使うてくれてるんか(笑)。
日向ぼっこは大人しく 部屋の中では最近寝る
しかし...部屋に入るとひたすら寝るかオレを咬みに来る...

サロン・ド・ロワイヤル
うまーし
別にご褒美じゃないけど、なかなかのケーキでした!

秋の声

秋雨の降った今日...
ほんのわずかな晴間をついて散策すれば、そこここに
秋の気配。例年よりも心なしか寂寥感が強い...かな。
芙蓉の花 若い鴨たち
芙蓉の花。近頃珍しい。/まだ小柄な巣立ちして間もない若い鴨たち。毛艶がとてもよい。
どんぐりが... 花柚子の実が豊作
青いどんぐり。冷え込めば一気に茶色に。/玄関先の花柚子は微かに色づきはじめました。

今日の一曲『Eric Clapton/Wonderful Tonight』...クラプトンは秋が似合う
今日の一冊『猫ニャッ記/佐久間薫
...動物のお医者さん以降ハスキーが登場しないな、この手の本に

<婿入りその後>
京都府城陽に婿入りした"てんちゃん"の近況。すっかり大きくなり
模様もかなりハッキリしてきましたね。猫らしい仕草がかわいい。
こうして報告をくれる現飼い主さんの心栄えがウレシイっすな。
てんちゃん近況1 てんちゃん近況2
朝の気温が下がってきて、ジテツーも少しずつ体温管理が難しく
なってきました。職場から少し離れたところに露天駐輪場はある
ので、歩くとゾリゾリ削れるSPDシューズをやめ、フラットペダルに。
フラペ仕様に(はやく戻したいが)

<有明の月>
...は見事だったと友人は云う。
昨夜の満月は、今朝方西の空にまだ浮んでいる。
山や海の稜線の上に昇っていればさざかし美しいだろう。
暁の月 ベンチ
通勤路の途中にあるケーキショップの店先。
早朝だから誰もいないが、人のいないベンチってのも
風情がある。ちょっと枯れすぎてるけどね。

興福寺

奈良の興福寺中金堂が落慶し、本日(20日)より
一般公開でした。広大な寺域を誇り、さまざまな
堂宇の礎石が遺っていますから、いつの日か天平
の創建当時の姿がすべて甦るかもしれませんね。

その姿は、曾孫の肩にでも乗り「ほぉ」とか言い
ながら見物したいものです。しかし、残念ながら
新しい建物というのはまだ魂が入っていない、と
いうか国宝の持仏も堂内で公開していたのですが、
むしろ「北円堂」内で公開していた持仏の方が感
じるものがありました。像はそれぞれに素晴らし
いものなので、空間にそれを増幅する力があるの
でしょう。お不動さん、千手観音さん、十一面観
音さんに喝を入れていただきました(笑)。
中金堂(復興) 中金堂(正面より) 中金堂(北円堂より)
復興中金堂/正面より(本尊阿弥陀如来坐像)/中金堂(北円堂より)
南円堂 南円堂宝珠 北円堂
いつも人が多い南円堂/この宝珠が見事/落ち着いた渋い風情の北円堂
五重塔(この色が興福寺) いつもの猿沢の池
興福寺の「色」といえばこの五重塔/いつも同じ水の色「猿沢池」

今日の一曲『まほろば/さだまさし』...やっぱりこの曲だな
今日の一冊『おじさまと猫1/桜井海』...ペットショップの動物たちの視線や思い

<ヤツが来る>
最近、毎夜11時頃にちびたはやってきて、人のひざの上で
ごろごろした後、残しておいた敷物の上で一夜を過ごして
いるようです。戸を完全に閉めちまうと強行突破を試みる
ので、少しあけているのですが、冬になったらそんなこと
はできないし、どーしたもんでしょうねー。
安心の眠り 眠いの~秋口は
ねこは手がカワイイの。

「おたがいさま」の精神(こころ)

今朝、交差点に止まってると、クラウンに乗った年配の
オヂさんが何か大声で叫んでいた。何かと思えば、横に
とまったバイク(多分Kawasakiの1000cc超)の排気音
が「ウルサイ、クサイ」と言っている模様。乗っていた
お兄さん最初は苦笑してスルーしてたが、しつこいから
ついに「じゃかっしぃ。クラウンのタイヤノイズの方が
騒音なんじゃボケぇ!」と一喝。

自分もオートバイ乗りだったころ、マフラーをカーボン
タイプに変えていたので判るが、ゾクのラッパ音なぞと
違い、抑制されたインライン4の音は美しい。
あれウルサイと言ったら、カーステの低音の方がよほど
ウルサイのだ。まぁバイクはフリーギアのラチェット音
以外、無音ですからより静かですけどね。

年寄りが多くなり、その価値観や生活基準からものごと
を語りだすと、マイノリティとなる若い人たちの行動や
出す音が、なんでも「ウルサイ」「是正しろ」となるの
かなぁ。イヤだなぁ、それって。
遠いまなざし
アタシらみたいに静かに穏やかに暮らせんもんかねぇ、人間。
まさに上から目線
ウチラこうして上から眺めてると、滑稽やでぇ、人間。

今日の一曲『Deep Purple/Pictures of home』...Steveもイイな。
今日の一冊『「違うこと」をしないこと/吉本ばなな』...これもひとつのヒント

<百合の季節>
これから冬にかけ、日持ちする花、買ってから咲くまでを
楽しめるのは「百合」の花ですね。このオレンジの百合も
つぼみのまま終わるんちやうか...ってくらい固かったです
が、しっかり全部咲きました。るーの写真のまわりには、
やはり花がないと淋しい。ゴルには花畑、ハスには薄野
がとてもよく似合うのだ。
こういう色も悪くない

声は世につれ齢(とし)につれ

先般の大阪でのライヴ...YouTubeにあげてくれはりました
ので、怖いものみたさで観てしまいました(耳を塞いで)。

ライヴショットというのは、下から煽って撮るのがよいです
(動画でも静止画でも)。上から俯瞰したショットは、脚の
長~い海外の方でないと見るに耐えない。でもキャップを
被っててよかったー。まさかこの角度で撮ってるなんて(笑)。

それにしても、やはり高音部分がほぼ出てませんでしたな。
煽りとアクションで誤魔化してる。あ~!練習や、練習!
20181013 Band 20181013 Pata

今日の一曲『Gary Moore/Parisienne Walkways
...パリの散歩道。もうすぐTribute Albumでますね。
今日の一冊『テーラー伊三郎/川瀬七緒
...横溝系推理小説家だと思ってたらこんな芸風ももってるんだ。オモシロイですよ。

<今年の梨は豊作!>
豊水、幸水どれもおいしいです。今のところ買ってきた
梨にハズレがありません。これは珍しい。梨は甘さと実
の締まり具合が生命線。シャクシャクとシアワセな気分
になれるか。夏にたまった疲労回復にもよいそうですよ。
和梨が終われば、次は洋梨がタノシミなのだ。
ところで、自分が子どもの頃は二十世紀と長十郎の二種
だったのだが、長十郎はとんと見なくなりましたねぇ。
なし!

本日はライヴにて候

at Osaka Umeda "Banana Hall"。
頑張ろう。一期一会だこれからは。
Hey, are you on fire?

自分、ここまでヘタクソかーを実感したライヴでした。
特に昨日は声が出ず、オイシイフレーズがことごとく
ダメでした。あーほんと頑張らねばなー。来てくれた方
ゴメンナサイ。捲土重来!
Banana Hall
いかがわしさ満点の梅田東通を抜けた角っこにあるのだ。いいライブハウスでした。
ピキッ(硬直)
しーちゃん久しぶりのお姫様だっこ(か?)

今日の一曲『Quatermass/Black sheep of the family
...ギターのこーいーちくんのおすすめバンド
今日の一冊『狂骨の夢(コミック)』
...京極さんの文章をここまで描くとは恐れ入る

得意技

...を持っている人は強い。
一芸を磨き続けるか、多芸を積み重ねるか...。
人と競い合うためでなくても、何か拠所を身につける
ことは大切だと思う。輪島さんが亡くなった...「黄金の左」。
少し甘えるしーちゃん
しーちゃんの得意技はマジ重い「前脚での踏みつけ」。
るーは強烈な「前脚絡み」だったかな。どっちも前脚(笑)。

今日の一曲『Saxon/Power And The Glory』...クサイが、曲の疾走感は最高。
今日の一冊『信長の原理/垣根涼介』...好きな作家ではなかったが、これは斬新!

<氏神様>
...現在は、深草にある藤森神社を我家は奉じています。
往時は広大な神域を誇った「勝負の神様」「学問の神様」
ですが、伏見稲荷に領地をだましとられ(と云われてます)
古文書に登場する絵図よりも、今はかなり小さい。
一方、生まれた土地の神様である産土(うぶすな)神は、
遠く愛媛県今治市なので、いつもはお参りできず。
それでも疎かにしてはいけない神様ですね。
藤森神社本殿(久しぶり) 神功皇后御旗塚

<大阪天満宮>
街の色...って明らかに違いますね。北野天満宮とこちらでは
かなり印象が違う。上田正樹氏の歌に「哀しい色やね」って
のがあったと思うが、妙に白けてて明るい、けれどどこか
物憂げ...が大阪の雰囲気なのかなと思います。
こちら正門についてる干支方会図と有名な登竜門。
艶やかな干支盤 登竜門(ここから来てる)

金木犀(キンモクセイ)

普段ならもっときつく香るはずなのですが、今年は
台風や大雨の影響で、うまく開花していないのかも
しれませんね。それでも近所の公団住宅の庭にある
大きなこの樹は、今年も艶やかに咲き誇ってます。
香る香る

さて、今回の台風はほとんど京都市に影響なかった
です。気温は急激にあがって30℃前後になりました
けどね。久しぶりにしーちゃん、ぐったりでありま
した。普段カメラは、25~35mmの単焦点っぽい使
い方しかしないのですが、久しぶりにズーム機能を
使って遊んでみました。
じゃじゃ じゃじゃじゃ じゃ~ん

台風一過の夕方は紅く焼ける...。何かの小説にありまし
たが、そのとおりの空でした。明日は晴れるかな...。
夕焼け小焼け

今日の一曲『Belladonna/UFO』...Hard Rock バンドのバラッドはイイ。
今日の一冊『ビストロ三軒亭の謎めく晩餐』...たべものと不思議が好きな人に。

<疎水沿い>
「琵琶湖疏水」から分水している墨染の疎水沿いには、
小さな橋がたくさん架かっています。クルマが通るような
橋は流石に昭和40年前後のものですが、それ以外は結構
古い礎石です。いつもそうですが、そういうのを目にすると
連綿と続く日々の営みに思いをはせ、昔を偲んでみたり...。
有名な建築物や遺構よりぐっとくるのですなぁ。
疎水の流れ

橋塚3 橋塚2 橋塚1
大正12年、13年、14年。1年に1橋ずつ架けたんですね。距離的には部落単位かな。
疎水の鴨(骨休め)
その疎水でくつろぐ鴨たち。第一期子育てはもう終わってるはず。

お腹がくちて眠いちびた
散策から帰ると、ちびたがやってくる。今日はごはんではなく触ってもらいたいモード。
新装南座
ライヴのリハを大阪で終え、帰宅途中に「四条南座」を。耐震工事が済み11月に再開。

恒例?

またもや週末に向かって雨模様、台風襲来...。
悪い方に考えちゃいけませんが、昨年からの自分の
バイオリズムをなぞってるような天候だな。

毎度お馴染み職場近くの芸大で、春の「都をどり」の
返し行事「温習会」なるものが開催されているようです。
昨日は大学前の道路にタクシーや送迎車が列をなし
迷惑千万。自転車が走るべき道の左端はこうして
ふさがれていくんですよね。原因の張本人たちは
どこ吹く風だもんなぁ...。近隣から苦情あるやろに。
温習会の幟 ちとお邪魔して

台風で散るなよ
通勤途中で見つけた名も知らぬ草のつぼみ。
週末に散ってしまわねばよいのだが。

今日の一曲『Lazy/Jimmy Barnes & Joe Bonamassa』...あ、これはイカス
今日の一冊『挫折を経て、猫は丸くなった。書き出し小説名作集
...いまだに読み返す。これ発想力のトレに。

<仕込み...>
奥さんが久しぶりに仕込みをしてきました。
お?龍宮(焼酎)が入ってるが大丈夫か?彼女は
ほとんど白米を食べず、夜はもっぱら一杯のサケで
過ごします。たしかに白い炭水化物を抜くと締まるの
ですが、自分にはムリ。白米は日本人のソウルフードだし。
サケサケ ワイン ショウチュウ 止まり木
酒を飲むなら止まり木。キャットタワーにとまるハス。しーちゃんソックシ。(かりもの)

唐紅(からくれない)

きれいな言葉だと思います。
高校の頃、古文の先生が「この唐は中国、韓国のことでは
ないのだ。当て字だよ。」とおっしゃっていました。諸説ある
ようですが、我々が使う「唐紅」は、確かに中国や韓国の
「赤/紅」とは少し色合いが違うように思いますね。
倉木麻衣/「渡月橋 〜君 想ふ〜」
このPVに登場する色...かな。

雲龍院 悟りの窓
東山泉涌寺 雲竜院「悟りの窓」。唐紅に沈み行くわが庵...。

台風一過で気温がぐっとあがり、錦秋はまだ遠し...です。
けれど夏とは違う"景色の輪郭"に、今朝は少し秋を感じました。
(しかし、ジテツーはまだ半パンなり...笑。)

<いつからだろう...>
魚介系スープのラーメンが登場したのは。
昔から、ニボシや昆布出汁はあったけど、がっつり系の
魚介系はここ10年くらい?特につけめん+魚介とんこつ
ってのが幅をきかせてるように思います。何を隠そう
自分は醤油、魚介系大好き人間なので(こってりなら
味噌)大歓迎なのですが。で、こちらは先日奥さんが
開拓してきた魚介出汁の人気店。商品写真は出さない
でおこう。友人と行って二人OKですから美味いに違いない。
「出汁がなくなり次第」ってのが期待させますね。
しぶい名刺だねぇ 店構え

おるすばんばん(ウソ)
先日の台風の日。雨戸を閉め切って手持ち無沙汰な二匹(笑)。

紅葉香

上賀茂神社のお香「紅葉がさね」。
御神紋の"葵"と"紅葉"を模っています。
華やかさを抑えた落ち着いた香...。

今日、自分の中でひとつ区切りをつけたことが
あったので、その気持ちに添う匂いだったかなと。
上賀茂神社のお香 セットはこんな感じ

今日の一曲『Crying Machine/Brilliant Future』...若い子達の演奏は熱いな。
今日の一冊『愛なき世界/三浦 しをん』...やはりおもしろい。切り取り方が斬新。

<またしても...>
週末台風ですね。トタンもスレートもとどめの一撃を
くらいそうです。いやさ、いずこの被害もありませんように。
この年齢になると一年が早い。もう10月ですよ。あーんなこと
やこーんなことがあった...と思い出している暇もありません。
誰かの歌に「もぉ少しぃ、刻ぃがぁ、緩やかであぁった
ならぁ♪」ってフレーズがありましたが、そのとおり。
去年の今頃のちびたと母しゃー。1/2サイズじゃん(笑)。
去年の今頃さぁ after はこうよ
before & after

いずこなりや

滋賀県大津市にある近江神宮
明治神宮や平安神宮がそうであるように、現人神であった天皇が
ご祭神です。すべてにおいて巨大な造作が、見る人を圧倒します
が、「神さまの気配」というものはここにはありません。おそら
く、もっと遠いところにおられるのでしょう。人気コミックスの
ファンと思しき集団が境内にちらほらと...。
近江神宮楼門 近江神宮拝殿

幸運を運ぶ亀
(参道を亀が渡っていました。かわいらしい顔をしてる。神使かも。)

近江神宮の背後...隣接する保育園の横道から300mばかり急な
山道(宇佐山/頂上には城跡)を登ったところに「宇佐八幡宮
はあります。近江神宮は参拝しても、この急峻な山の中腹にある
宮まで足を伸ばす方は少ないでしょう。が、入口に保育園がある
ように、こちらは子どもたちの守り神。ご祭神は應神天皇。
春の桜、秋の紅葉の際にはきっと汗をかく甲斐がありますよ!
宇佐八幡宮

<魔物>
ニャーって、視線をはずして戻すともうそこにはいなかったり、
いきなり足元にきてたりします。また、振り向けば目が金色
だったりしますから、昔から"物の怪"的に扱われることが
多かったのでしょうね。こいつはシャーがごはんを食べて
「ごっそさん」と出て行く瞬間をとらえた写真。残像や(笑)。
一方、ワンコはいつだって存在感満点なのだ。
しゅたっ すね子

気配の中で

あっという間に秋の空ですね。
長雨のあとだけに清々しく、空を見上げて
おもしろい季節の到来。龍が跳ぶ。
気づけば秋の空 流れる

少しずつですが日も短くなってきてるので、
そろそろ自転車ライトの電池チェック要です。
この季節、なぜか薄暮の飛び出しが増えます。
みんな身体がまだ夏仕様なんでしょうね。
そろそろ交換時期

今日の一曲『Foo Fighters/Band On The Run』...Originalよりよいかも。
今日の一冊『海うそ/梨木香歩』...ぜひ読んでいただきたい。

<丹波栗のにおい>
食べて腿のあたりでパンパンしたもんだから、
彼女達が気づかぬわけがないよね。「えぇもん
一人で食べたやろ、知ってるで、オイ」みたいな。
ええにおいするやん

<24日は中秋の名月>
手元にあったカメラではここまでが限界。
しかも光源の明度が高すぎました。雲間隠れから姿を
表した瞬間の風情としてはまぁまぁってことでOK?
さて本番はうまく撮れるか。
2018中秋

早朝

京都はしばらく雨が続きます。
私の居住地ですと、京阪もJRも各駅停車しか停まりません。
それで不便はないのですが、9月からダイヤが変わってしまい
6時台の便は、目的地まで全部乗り換えに...これが面倒。

早朝はしかし、小さな神社、お寺さんには人がおらず、ぶらり
立ち寄ってお参りができてよいのです。今朝は左京区御蔭通
沿いの田中神社に。孔雀の神社として以前に紹介した記憶が...。
全国に田中神社は数あれど、ご祭神が統一されてないのは
不思議ですね。猿田彦大神は主祭神でなくとも必ず一柱と
してお祭りされていますが。今日もよい一日でありますように。
田中神社本殿(京都市左京区)

今日の二曲
Pat Benatar/Fire And Ice』...うん、すばらしいVoice!
Dokken/Alone Again』...切ない歌詞がDonの声質によく合ってる

<丹波栗>
昨年、宮津市の籠神社(このじんじゃ)に参拝した帰りに
道の駅で購入したそれは、小さく少量で高価で、けど抜群
においしかったです。残念ですが郷里愛媛(内子町)の栗
よりも。昨日(あ...秋のお彼岸の入りでしたね)、奥さんが
大粒の丹波栗を仕入れてきて、現在コトコト煮ております。
天候不順だった今年...さてお味はいかに。
美しいではないか

で~ん
あかんわー最近
あかん...しーちゃん、ちょっと太ってきたで。
熟女の太り気味は許さんよ、我家の掟破りや(笑)。

アンチ・エイジング

10月13日のライブイベントに向け、昨日は十三で
リハでした。年々衰えてゆくノドと声量。自転車
乗ってることで、心肺機能はそこそこ維持してる
はずなんですけどね。Vocalのアンチエイジングっ
てないのだろうか...。
見てくれはどんなに衰えてもよいから、声と体力
だけは維持したいですね。毎日のジテツーの負荷
を増やそうかなぁ。
イベント告知1013 ← 告知リーフレット

十三の空
(阪急十三の空...「東京砂漠」を歌いたくなる)

<KTGとKPS>
先日晩ごはんを食べた焼き鳥屋さんのお品書き。
KTG=究極のタマゴかけごはん。KPS=黄色いポテトサラダ。
んー、どちらもこだわり高級タマゴ使用ってことですが、前者は
出汁がとてもおいしくてタマゴにマッチしてました。後者は...
まぁそれなりで(笑)。それにしても、十人十色の「マイ食べ方」
があるようですね。共通してるのは、白身と黄身を分けて食す点
でしょうかね。新鮮なタマゴと上手に炊いたあつあつごはんで
あれば、なんだってオイシイのだ。
KTG KPS
KTG(左)とKPS(右)
WHS
WHS = ワガママ ハスキー しーちゃん

<山本KID徳郁...逝く>
好きな(ファイティングスタイルの)格闘家ではなかったが、
イカしてた。あぁ...媚びない人だな、と。けど強い漢って
きっと優しいんだよ、生きることに対して。「独りが一番
怖い」ってすげぇ正直な人...。ご冥福をお祈りします。

変化

毎年、10月のアタマくらいまでは半ソデ半パンでの
ジテツーだったのに、今朝辺りから長ソデが欲しく
なりました。でも気温そのものは低くない。もしや
今夏の高温に身体が馴染んでしまい、25℃前後では
「涼しい、寒い」と感じる体質になっちまったか...
だとしたら、それはそれでイヤだなぁ。

自転車競技はオールウェザースポーツと云うけれど、
身体が冷えるのは運動効率的にもよくないですよね。

今日の一曲『Eric Clapton/Tears In Heaven - Unplugged
今日の一冊『遺言。/養老孟司』...きっと糧になる

<ようやく>
花が"もつ"気温になりつつあります。
夏はすぐに枯れてしまい、部屋に潤いがなくて気分が
ざらつくのですが、そろそろ手に入る時節到来です。
郷里では、山から一枝切ってくるそれだけでなかなか
風情のある一輪挿しが楽しめたんですけど都会ではねー。
TV右と TV左の

<Band On The Run>
まさかこの曲を歌うことになろうとは...。ポールマッカートニー
に特に思い入れはないのですが、長い音楽活動と功績には
リスペクトです。練習してる傍らで、「あれ」中のしーちゃんは
ただただ眠りこけるのであった(笑)。
イカした歌詞よね んが~ふが~